年末を前に金融機関で銀行強盗を想定した訓練 千葉 柏市

現金を扱う機会の増える年末を前に、銀行強盗を想定した訓練が21日、千葉県柏市の金融機関で行われました。

訓練は21日夕方、柏市の銀行の支店で行われ、職員や警察官などおよそ40人が参加しました。
訓練は、拳銃や刃物をもった男2人が押し入ったという想定で行われ、犯人役の警察官が窓口にいた客を人質に取って現金を奪ったあと、逃げ去りました。
職員が車に乗り込もうとする2人にカラーボールに見立てた水風船を投げるかたわら、ほかの職員が警察に通報して男らの特徴のほか車のナンバーや種類などを伝えていました。
参加した職員は「いざやってみると想像したより動けないなと実感しました。いつ強盗が起きるかわからないので日頃から対応を意識しておきたいです」と話していました。
柏警察署の村本基継生活安全課長は「年末年始は犯罪が増加傾向にあり、防犯意識を高めてもらうため実施しました。職員の命を守ることも考えて行動してもらいたい」と話していました。