急激な円安が影響 絵本や児童書の専門店でも値上げ相次ぐ

急激な円安などの影響は出版物にも広がっていて、子どもたちの絵本や児童書の専門店でも値上げが相次いでいます。

東京・港区にある絵本や児童書の専門店では、ことし2月ごろから毎月、出版社からの値上げの連絡が相次ぎ、これまでに100から200タイトルが値上がりしているといいます。
書店によりますと、急激な円安などの影響で紙の値段が上がっていることや、物価の高騰が響いているということで、出版社の中にはロングセラーの本の重版を取りやめるところも出てきているということです。
1冊あたり100円から200円値上がりするケースが多いということですが、海外で生産された絵本は円安の影響でさらに高騰しているといいます。
例えば「恐竜時代」という仕掛け絵本は、現在の4000円がことし11月から4500円になる予定です。
また、書店が直接仕入れている輸入絵本は、円安により仕入れ値がことしはじめに比べ2割から3割上がっていますが、販売価格は変えていないため利益が出にくい状態で、さらに円安が進むことに懸念を示していました。
11か月の息子と絵本を買いに訪れた20代の母親は「自分が小さい頃と比べると値上がりしていると感じ、図書館をよく使っています。これ以上あがると、家計を考えて買い控えなくてはいけないかもしれませんが、自分が好きだった本を読ませてあげたいです」と話していました。
絵本や児童書の専門店「クレヨンハウス」の担当者、鏡鉄平さんは「本来はすぐに価格が変わるものではなく、出版社も苦渋の決断だと思います。今後円安でさらに値上がりが進んで本を手に取る人が減ることがあれば残念ですし、本屋としても痛手になります」と話していました。