栃木県で危険な暑さ 夜遅くにかけ大気の状態非常に不安定

関東甲信は内陸を中心に各地で気温が上がり、栃木県では38度を超える危険な暑さとなりました。
一方、16日夜遅くにかけては大気の状態が非常に不安定になる見込みで、急な激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。

気象庁によりますと、関東甲信は16日も晴れ各地で気温が上がりました。
特に関東の内陸では山越えの暖かく乾いた空気が吹き降ろすフェーン現象の影響も加わって気温が上がり、栃木県佐野市では最高気温が38.8度と体温を超えるような危険な暑さとなりました。
このほかの日中の最高気温は、群馬県館林市で37.9度、埼玉県熊谷市で37.8度、茨城県古河市で37.7度、東京都の都心で36.4度、神奈川県海老名市で35.6度、山梨県南部町で35.4度などと、各地で35度以上の猛暑日となりました。
17日の朝にかけては、各地で気温が25度を下回らない熱帯夜となる見込みで、寝る前に水を飲んだり我慢せずにエアコンを使用するなど引き続き熱中症に注意してください。
17日の日中は曇りや雨の天気となり、最高気温は横浜市とさいたま市で32度、千葉市で31度、東京の都心で30度などと猛烈な暑さは一段落しますが、気温の高い状態は続く見込みです。
【関東北部では大気不安定】
一方、関東では前線や湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定になり、16日夜遅くにかけてと17日の午後は局地的に雨雲が発達するおそれがあります。
気象庁は、急な激しい雨や落雷、竜巻などの突風のほか、「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。

埼玉県熊谷市では日中の最高気温が37.8度と猛烈な暑さになりました。
強い日差しが照りつけるなか、JR熊谷駅の周辺には日傘をさす人や冷たい飲み物で暑さをしのぐ人の姿が多く見られたほか、行き交う人たちが駅前に設置されたミストシャワーの下で足を止めていました。
50代の男性は「じとっとする暑さで、風もなくて歩くのがつらいです。こまめに水分をとるなどして熱中症に気をつけたいです」と話していました。

群馬県前橋市では、16日の日中の最高気温が午後1時前37.1度に達しました。
市内の西片貝町にある公園では噴水で水遊びをする子どもの姿が多く見られました。
強い日ざしのなか、子どもたちは足元から30センチほどふき上がる水を手で触ったり足で踏んだりして、楽しそうに遊んでいました。
前橋市の小学4年生の女の子は「暑くていやな気持ちになりますが、噴水で遊んで気持ちよくなりました」と話していました。