台風8号 伊豆半島に上陸 雨や風が強まる

台風8号は午後5時半ごろ伊豆半島に上陸し、関東南部や伊豆諸島では台風本体の雨雲によって雨や風が強まっています。
13日夜遅くにかけて発達した雨雲がかかるおそれがあり、土砂災害に厳重に警戒するとともに低い土地の浸水などにも警戒してください。

気象庁によりますと、台風8号は午後5時半ごろ静岡県の伊豆半島に上陸し、北東へ進んでいます。
この時間は伊豆諸島や関東南部を中心に台風本体の発達した雨雲がかかっています。
伊豆諸島の神津島では午後5時までの1時間に63ミリの非常に激しい雨が降ったほか、午後6時までの1時間に東京・府中市で34ミリ埼玉県所沢市で31ミリの激しい雨が降りました。
神奈川県の横須賀市と逗子市、それに神津島村には土砂災害警戒情報が出ています。
また、局地的に風が強まり、三宅島の坪田では午後4時半すぎに27.3メートルの最大瞬間風速を観測したほか、神奈川県三浦市では午後6時前に19.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。
関東甲信では台風本体や台風周辺の暖かく湿った空気の影響で、13日夜遅くにかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。
14日夕方までの24時間に降る雨の量は、関東南部と伊豆諸島で150ミリ、関東北部で120ミリ、甲信で80ミリと予想されています。
また、13日夜予想される最大風速は、関東の海上と伊豆諸島で20メートル、関東の陸上で18メートル、最大瞬間風速はいずれも30メートル、14日の最大風速は関東の海上で18メートル、関東の陸上と伊豆諸島で15メートル、最大瞬間風速は関東の海上と陸上で30メートル、伊豆諸島で25メートルと予想されています。
海上はうねりを伴って大しけとなり、14日もしけの状態が続く見込みです。
土砂災害警戒情報が出ている地域を中心に土砂災害に厳重に警戒してください。
そのほかの地域も低い土地の浸水や川の急な増水、それに高波に警戒が必要です。
強風や落雷、竜巻などの激しい突風にも十分注意してください。