1日も猛暑日の見込み 熱中症に警戒 大気不安定で激しい雨も

31日夜は群馬県の各地で大雨となりましたが、関東甲信は1日も午後を中心に局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害などに警戒が必要です。
一方、関東甲信越は1日も晴れて気温が上がり、東京の都心など各地で35度以上の猛暑日となる見込みで、引き続き熱中症に警戒してください。

気象庁によりますと、31日夜は群馬県を中心に次々と雨雲が発達して1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り、「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表されました。
1日も気温が上がる午後を中心に大気の状態が不安定になる見込みで、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
天気が急変するおそれもあり、気象庁は低い土地の浸水や川の急な増水、土砂災害に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」に注意するよう呼びかけています。
一方、関東甲信越は1日も晴れて各地で気温が上がり、日中の最高気温は埼玉県熊谷市と前橋市で37度、さいたま市や甲府市で36度、東京の都心や横浜市、宇都宮市、長野市などで35度と、各地で猛烈な暑さが続く見込みです。
「熱中症警戒アラート」が茨城や栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、山梨、それに新潟の各県に発表されています。
日中は外出をなるべく避ける、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、熱中症への警戒を続けてください。