茨城 大洗町 受け入れ再開後初めての外国人観光客が訪問

先月、外国人観光客の受け入れが再開されたことを受け7日、茨城県では再開後で初めてとなるツアー客が大洗町を訪れました。

外国人観光客の受け入れは、先月10日に添乗員付きのツアー客などに限って再開されています。
7日は、タイからのツアー客およそ70人が茨城県大洗町を訪れ、観光スポットとなっている大洗磯前神社を参拝しました。
このあと、SNSでも人気の「神磯の鳥居」を訪れ、スマートフォンで海を背景にした鳥居を撮影するなどして楽しんでいました。
40代のツアー客は「茨城は初めてで、海を近くで見られてよかったです。新型コロナに感染しないようにマスクをつけるなどして気をつけています」と話していました。
茨城県によりますと、外国人観光客の受け入れが再開されたあと、ツアー客が県内を訪れるのは初めてだということです。
茨城県国際観光課の菊池克哉課長補佐は「外国人観光客がようやく来てくれてうれしく思っています。感染対策が一番肝心なので、対策を進めたいです」と話しています。