東京都 小麦の価格高騰受け 米粉を使った商品の販売をPR

小麦の価格高騰をうけて、東京都は、小麦粉に代わる米粉を使った商品をPRする取り組みを始めました。

農林水産省によりますと、ロシアによる軍事侵攻を受けているウクライナからは、今後、小麦の輸出が減少することが見込まれています。
小麦の価格は高騰していて、東京都は、小麦粉に代わって米粉を使ったパンの製造や販売を支援したり、都が、のぼりやポスターを用意して商品をPRしたりする取り組みを始めました。
取り組みを利用した東京・新宿区の大手損害保険会社では、4日から社内の食堂にある売店で米粉を原料にしたベーグルの販売を始めました。
4日は小池知事も視察し、「日本の食料をどう確保するか考えて、米粉に着目しました。国内産の米を見直すことで、農家の人たちにも良い効果をもたらすと思います」と話していました。
早速、購入した従業員の女性は「小麦粉のベーグルとあまり変わりません。もちもちしていておいしいです」と話していました。
また、別の従業員の女性は「日本の食料自給率が向上するかもしれないし、貢献できるならうれしいです」と話していました。
米粉のベーグルの販売を始めた損害保険ジャパンの酒井香世子取締役は「東京都が力を入れていると聞いて、協力させてもらいました」と話していました。