神奈川県 感染対策を日常的体制に戻す方向で指針とりまとめへ

新型コロナウイルスの重症化率などが減少していることを踏まえ、神奈川県は、現在、医療機関や福祉施設で厳格に行っている感染対策を日常的な体制に戻す方向で指針をとりまとめることになりました。

神奈川県は医療関係者らが参加する協議会を開き、このなかで県の担当者は、感染者の重症化率や死亡する人の割合がすべての年齢層で減少していることを報告した上で社会活動が正常化しつつあることも踏まえ、医療機関や福祉施設で厳格に行っている感染対策も日常的な体制に移行する必要があると話しました。
その上で、医療機関の外来では十分に換気をして、患者同士の距離をあければ、感染が疑われる患者も出入り口や待合室をわける必要がなく、福祉施設の入口での検温や食事の際のアクリル板の設置なども必ずしも必要ないなどとする新たな指針の案を示していました。
出席者からは、インフルエンザと比較して厳格すぎる対応は見直すべきという意見もあり、県は近く、指針をとりまとめて、医療機関や福祉施設に通知することにしています。
黒岩知事は、「この感染症をどう位置づけるか社会全体で考える必要がある。県民の理解を得ながら進めていきたい」と話していました。