東名あおり運転やり直し裁判懲役18年 危険運転致死傷罪認定

5年前、神奈川県の東名高速道路であおり運転のすえに家族4人を死傷させた罪に問われた被告のやり直しの裁判で、横浜地方裁判所は、危険運転致死傷罪を適用できると判断し、懲役18年を言い渡しました。

5年前、神奈川県の東名高速道路で道路上に停車したワゴン車がトラックに追突され、夫の萩山嘉久さん(45)と妻の萩山友香さん(39)が死亡し、娘2人がけがをした事故では、石橋和歩被告(30)があおり運転のすえに事故を引き起こしたとして、危険運転致死傷などの罪に問われました。
裁判員裁判では、危険運転の罪を適用できるかどうかが争われ、検察が懲役18年を求刑したのに対し弁護側は「事故は後ろから衝突したトラックが原因だ」などとして無罪を主張していました。
6日の判決で横浜地方裁判所の青沼潔裁判長は「被告が4回にわたって妨害運転を繰り返したことで、事故が起きた」として危険運転致死傷罪を適用できるという判断を示しました。
そのうえで「妨害運転は極めて危険で執ようで、夫婦が命を絶たれた結果は極めて重大だ。文句を言われて憤慨し、妨害運転を行ったという動機や経緯に酌量の余地はない。真摯に罪に向き合い、反省しているとはいえない」と指摘し、石橋被告に懲役18年を言い渡しました。
この裁判をめぐっては、2018年に1審の横浜地方裁判所が危険運転の罪にあたると判断して懲役18年を言い渡しましたが、2審の東京高等裁判所は、1審の手続きに違法な点があったとして1審の判決を取り消し、ことし1月から審理がやり直されていました。

妨害運転があったかどうかについて、裁判長は「当時、現場付近に渋滞はなく、直線道路だったのに、20秒にわたり、急な加速や減速を繰り返した。重大な交通の危険を生じさせる速度で運転し、4回の妨害運転をしていたことが認められる」と述べました。

裁判長は「被告はパーキングエリアで文句を言われたことに憤慨し、被害者の車を追跡して停止させている。運転を妨害するのが目的で、故意があるのは明らかだ」と述べました。

裁判長は「被告が4回にわたって妨害運転を繰り返したことで、後続車両と事故を起こす危険性が生じ、実際に被害者の車が停止した直後に事故が起きた。被害者は妨害運転で精神的に追い込まれていて、冷静な判断ができず、停車を余儀なくされたとしか考えられない」と述べました。
そのうえで、「妨害運転と4人が死傷した結果の間には因果関係が認められる」と述べました。

裁判長は量刑の理由について、「妨害運転は4回に及び、極めて危険で執ようだ。また子どもを残して夫婦が命を絶たれたという結果は極めて重大だ。文句を言われて憤慨し、妨害運転を行ったという動機や経緯に酌量の余地はない。真摯に罪に向き合い、反省しているとはいえない」と述べました。

石橋被告は黒っぽいスーツに青いネクタイ姿で法廷に入りました。
証言台ではまっすぐに裁判長の方を向いて、判決の言い渡しを聞いていました。

事故が起きたのは、5年前の6月5日でした。
神奈川県大井町の東名高速道路の下り線で、大型トラックが追い越し車線に停車していたワゴン車に衝突。
静岡市の萩山嘉久さん(45)と妻の萩山友香さん(39)が死亡し2人の娘もけがをしました。
その後の捜査で事故の直前に石橋和歩被告(30)が運転する車が萩山さんのワゴン車の前に割り込んだり、急にスピードを落として車間距離を詰めたりするなど「あおり運転」を繰り返し、その結果、高速道路上での停車を余儀なくされ、事故が起きた疑いがあることがわかりました。
横浜地方検察庁は2017年10月、あおり運転を行って事故を引き起こしたとして、危険運転致死傷などの罪で石橋被告を起訴しました。
この事故をきっかけにあおり運転の危険性に注目が集まりました。
3年後の2020年には道路交通法が改正され、法的に定義されていなかったあおり運転について、「妨害運転」と規定し、幅寄せや急ブレーキ、執ようなクラクションなどで危険を生じさせると取締りの対象となり、罰則も強化されました。
また自動車運転処罰法も改正され、高速道路などで走行中の車の前で停止したり、著しく接近して停止させたりする行為について罰則の重い「危険運転」と位置づけられました。

1審で審理をやり直すことになったのは、裁判の手続きに違法な点があったと指摘されたためです。
1審の裁判員裁判は2018年12月に始まりましたが、その前に行われた裁判官と検察官、弁護士が話し合う争点整理の手続きのなかで、裁判所は検察と弁護側の双方に本件は「危険運転の罪にはあたらない」という見解を示していました。
裁判員裁判のなかで、弁護士は被告が車を止めたあとに起きた事故に危険運転の罪は適用できないと主張しましたが、判決で横浜地方裁判所は危険運転致死傷の罪を適用できるという判断を示し、懲役18年を言い渡しました。
これに対し、2019年12月、2審の東京高等裁判所は「被告の妨害運転によって被害者は高速道路に車を止めるという極めて危険な行為を余儀なくされた。一連の行為と結果との因果関係を認めて、危険運転の罪を適用した1審の判断に誤りはない」としました。
一方で、「裁判の前の手続きで裁判所が検察と弁護側の双方に危険運転の罪にあたらないという見解を表明したのは違法で、明らかな越権行為だ。量刑に影響を与えた可能性がなかったとはいえない。被告に主張の機会を十分に確保せずに有罪判決を言い渡したことは、不意打ちとなることが明らかで違法だ」と指摘し、1審の判決を取り消し、あらためて横浜地方裁判所で審理をやり直すよう命じました。
やり直しの裁判はことし1月から横浜地裁で始まり、当初、判決は3月に言い渡される予定でした。
しかし、死亡した夫婦の長女などの証人尋問で、裁判所が弁護側の尋問を不適切に制限したとして、一部の審理がやり直されることになり、判決は3か月にわたって延期される事態になりました。
異例の経緯をたどった裁判は、事故から5年を経て判決を迎えます。

今回の裁判の主な争点は危険運転致死傷の罪が成立するかどうかです。
危険運転致死傷が成立するためには、妨害運転が行われたことと、その結果によって、人を死傷させたという因果関係の認定が必要です。
【検察の主張】
検察は、走行記録や目撃証言などから、被告が高速道路上で加速と減速を繰り返し、4回にわたって妨害運転をしたことは明らかで、この妨害運転によってワゴン車は高速道路上での停止を余儀なくさせられ事故が発生しているので因果関係は認められるとしています。
また、仮に、危険運転致死傷の成立が認められないとしても被害者の車を高速道路上に停車させ、逃げることを著しく困難にした行為は、監禁致死傷の罪にあたると主張しています。
【弁護側・被告の主張】
一方弁護側は、妨害運転が繰り返されたという目撃証言は信用できず、被告の車のGPSの記録からは検察が主張する4回の妨害運転があったとはいえないとしています。
また、先に停車したのは被害者の車で、被告の運転によって停止を余儀なくされたわけではないとしたほか追突したトラックが速度違反をしていたうえ、前の車との車間距離を十分にとっていなかったことなどが原因だと主張し危険運転致死傷について無罪を主張しました。
監禁致死傷の罪も成立しないとしています。
石橋被告は裁判で「事故になるような危険な運転はしていない」と述べていました。
被告はこのほか、山口県内での3つの事件であおり運転などによる「強要未遂」と「器物損壊」の罪に問われていますが、これらについては認めていて争いはありません。

この事故をきっかけにあおり運転の危険性に注目が集まり、被害の防止や、記録を残すため、ドライブレコーダーを車に取り付ける人が増えました。
また、罰則の強化に伴って警察の取り締まりも強化されました。
上空からヘリコプターを使って高速道路などでのあおり運転を監視・摘発する取り組みも各地で行われています。
警察庁によりますと去年1年間に全国の警察が摘発したあおり運転は96件で、このうち高速道路上に車を停車させるといった著しく危険な行為の摘発は26件でした。
厳罰化されて以降も、あおり運転はあとを絶ちません。

石橋和歩被告(30)は4つの事件で起訴されています。
【第1事件】
1件目の事件は、2017年5月8日の午後8時ごろ、山口県下関市であおり運転でほかの車の進路を妨害して無理やり停車させ、フロントガラスをたたきながら「出てこい」と怒鳴ったなどとして強要未遂の罪に問われているものです。
【第2事件】
2件目の事件はそのおよそ5時間後でした。
2017年5月9日の午前1時ごろ、同じ下関市内で、進路を妨害して無理やり止めさせた相手の車のドアを蹴ってへこませたとして器物損壊の罪に問われています。
【第3事件】
そして3件目が、同じ年の6月5日に起きた東名高速道路での事件です。
神奈川県の東名高速道路で夜間、あおり運転でワゴン車の進路を妨害して車線上に停車させ、後続のトラックが追突する事故を引き起こし、夫の萩山嘉久さん(45)と妻の萩山友香さん(39)を死亡させ、娘2人にもけがをさせたとして危険運転致死傷と暴行の罪に問われています。
この事件については危険運転などの罪が認められない場合に備えて、検察が監禁致死傷の罪を加えました。
【第4事件】
さらに、東名高速道路の事故から2か月余りたった2017年8月21日にも、山口市内であおり運転によってトラックを停車させ、運転席の窓ガラスをたたきながら「出てこい」と怒鳴るなどしたとして強要未遂の罪に問われています。

雨が降るなか、横浜地方裁判所には、傍聴券を求めて大勢の人が集まりました。
傍聴席21席に対して185人が傍聴を希望し、抽選の倍率は8.8倍でした。
横浜市内に住む56歳の会社員の男性は「この事件をきっかけに危険運転への関心が高まったと思います。車を運転していて、後ろからあおられた経験もあり、傍聴しようと思いました。」と話していました。
21歳の女子大学生は「免許を取ったのであおり運転も身近なものだと感じています。傍聴に来たのは初めてです」と話していました。
小学6年生の息子とともに東京・町田市から訪れた50歳の女性は「あおり運転への対策として、ドライブレコーダーを車に設置しました。小学校が休みだったので、息子の勉強も兼ねて傍聴に来ました」と話していました。

死亡した萩山友香さんの遺族の弁護士は「ご遺族は判決が確定するのを静かに見守っていきたいという意向なので、コメントを出す予定はありません」としています。

判決について横浜地方検察庁の安藤浄人次席検事は「検察の主張が認められたもので、妥当な判決であると受け止めている」とコメントしました。

石橋被告の弁護士を務める高野隆弁護士は判決のあと取材に応じ、「裁判ではGPSの位置情報をもとにした専門家による鑑定などから、妨害運転がなかったと主張した。しかし、判決では専門家の証言をほぼ無視していて、非常に一方的でアンフェアで、非科学的なものだったと思う。判決のあと被告と会った際も『判決はおかしい。証拠をちゃんと理解してくれておらずとても残念だ』と話していた。本人の意向も踏まえ、即日控訴する考えだ」と話していました。

判決のあと、3人の裁判員が記者会見に出席し、取材に応じました。
この中で20代の女性は「予定より長引いてしまったこともあり、やり遂げた感覚がかなりある。細かい内容を一つ一つ認定して判断する難しさを感じた。ドライブレコーダーのような客観的な証拠がすべてあればいいが、それがない中で自分たちで考える難しさを感じた」と振り返りました。
一方50代の男性は、今回の裁判では、前の裁判の内容や、そこでの証言内容を聞かされずに、改めて審理をやり直したとしたうえで、「むだというか、前の裁判の内容を扱えないというのはどうなんだろうと思った」と述べました。
40代の男性は「いろいろな制限があり、聞きたいことも聞けなかった。やり直しの裁判を裁判員がやる必要はないと感じた」と話していました。