三幸製菓 6人死亡火災で初めての記者会見へ 新潟 村上

新潟県村上市にある菓子メーカー「三幸製菓」の工場で従業員の男女6人が死亡した火災について、会社は31日、火災のあと初めてとなる記者会見を開きます。
会見では、原因や防火体制などについてどのような説明をするか注目されます。

ことし2月11日の深夜、新潟県村上市にある「三幸製菓」の荒川工場から火が出て、従業員とアルバイト従業員の男女6人が死亡しました。
この火災について三幸製菓は、火災のあと初めてとなる記者会見を、31日午後、新潟市北区の本社で開くと発表しました。
会見には会社のトップ、佐藤元保代表取締役CEOが出席する予定で、火災の原因や当時の防火体制などについてどのような説明をするか注目されます。
荒川工場での火災をめぐって、警察は、会社側の安全管理に問題がなかったかどうか業務上過失致死の疑いで調べています。