3人切りつけ 逮捕の高校生「勉強うまくいかず死のうと」

3人切りつけ 逮捕の高校生「勉強うまくいかず死のうと」

15日午前、大学入学共通テストの会場になっている東京大学の門の前で受験に来ていた高校生の男女など3人が刃物で切りつけられてけがをし、警視庁は名古屋市に住む高校2年生の17歳の男子生徒を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
調べに対して「勉強がうまくいかず事件を起こして死のうと思った」などと供述しているということで警視庁が詳しいいきさつを調べています。

15日午前8時半ごろ、東京・文京区の東京大学の門の前の歩道で、「刃物で切りつけられた」と通報がありました。
警視庁によりますと、大学入学共通テストの受験に来ていた18歳の男子高校生と17歳の女子高校生、それに72歳の男性が切りつけられてけがをし、病院で手当を受けています。
3人はいずれも背中付近を包丁のようなもので切りつけられ意識はあるということですが、72歳の男性は重傷だということです。
警視庁によりますと、名古屋市に住む17歳の高校2年生の男子生徒が現場で取り押さえられ、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
男子生徒は受験生ではなく、名古屋市内の高校に通っていて、14日、家族から行方不明届が出されていたということです。
男子生徒は学生服姿だったということで、最初に72歳の男性に切りつけたとみられています。
警視庁によりますと被害者と面識はなく、調べに対して「勉強がうまくいかず事件を起こして死のうと思った」などと供述しているということです。
この事件の直前には、3人が切りつけられた現場からおよそ100メートルほど離れた東京メトロ南北線の「東大前駅」の構内で木片が焼けるぼやがあり、男子生徒は「自分が火をつけた」などと話しているということです。
警視庁は、事件前の男子生徒の行動を含めて詳しいいきさつを調べています。