東北新幹線 全線運転見合わせ 再開は午後1時半ごろの見込み

東北新幹線 全線運転見合わせ 再開は午後1時半ごろの見込み

東北新幹線は、郡山駅の構内で線路のポイントが切り替わらなくなった影響で、東京駅と新青森駅の間の全線で、上下線ともに始発から運転を見合わせています。
JR東日本によりますと、運転再開は午後1時半ごろになる見込みだということです。

JR東日本によりますと、13日午前5時半ごろ、東北新幹線の福島県にある郡山駅の構内で線路のポイントが切り替わらない状態になりました。
この影響で、東京駅と新青森駅の間の全線では午前6時すぎの始発から4時間ほどにわたって上下線ともに運転を見合わせています。
JR東日本によりますと、ポイントが故障していて交換する作業を行うということで、運転再開は午後1時半ごろになる見込みだということです。
JR東日本は復旧作業を急ぐとともに、ポイント故障の詳しい原因を調べています。