“受験生にワクチン接種を” 国が優先接種事例を自治体に通知

新型コロナウイルスのワクチン接種を希望する受験生が速やかに接種を受けられるよう国は14日、受験生を優先的に接種する取り組みの事例を、全国の自治体に通知しました。

大学入試では、今月1日から「総合型選抜」の出願が始まり、面接や小論文などの試験が進められるほか、高校入試では2学期の定期試験の結果が影響するところも多く、受験生への優先接種を求める声も上がっています。
文部科学省と厚生労働省は、希望する受験生やその保護者などが速やかに接種を受けられるよう、すでに優先接種に取り組んでいる事例を14日、全国の自治体に通知しました。
このうち、兵庫県の姫路市では高校3年生を対象に「受験生優先DAY」という専用の予約枠や会場を設けているほか、沖縄県那覇市でも受験や就職活動のため中学3年生や高校3年生などに専用の予約枠を設けているということです。
また静岡県浜松市では受験生が接種を受けやすいように平日の夕方や土日に接種機会を設けているほか、東京都では高校などの最終学年の生徒を都の大規模接種会場の対象者に追加しています。
一方、文部科学省はワクチン接種は強制ではなく個人の判断を尊重することが大切だとしていて、自治体に対し差別やいじめにつながらないよう対応を求めているほか、大学や高校に対し接種の有無を受験要件にしないよう強く求めています。