入院先見つからず自宅療養中死亡

都内に住む、基礎疾患のある80代の男性が新型コロナウイルスに感染したあと入院先が見つからず、自宅療養中に症状が悪化して死亡したことがわかりました。
都内では、患者の増加で入院先がすぐに見つからないケースも出ていて、都は「適切に入院できていればこういう事態を招かなかったかもしれない」と話しています。

東京都は、感染が確認された男女合わせて13人が死亡したことを13日、明らかにし、このうち、80代の男性と50代の女性は自宅療養中に容体が悪化して、医療機関に搬送されたものの死亡したということです。
このうち、80代の男性は糖尿病の基礎疾患があり、今月7日に陽性とわかったあと、翌日の8日に発熱などの症状が悪化しました。
このため、保健所が入院を調整しましたが、受け入れ可能な医療機関が見つからなかったということです。
保健所は、男性の症状が一時、軽くなったと家族から報告を受けたこともあり、自宅療養で対応していたということですが、男性は今月11日に症状が再び悪化し、死亡したということです。
都内では、患者の増加で入院先が見つからないケースも出ていて、都は「男性は基礎疾患もあり、適切に入院できていればこういう事態を招かなかったかもしれない。今後はリスクが高い人ができるだけ入院できるように調整していきたい」と話しています。