両陛下 皇宮警察武道大会を観戦

天皇皇后両陛下は15日、皇室の護衛などにあたる皇宮警察本部の武道大会を観戦されました。

この大会は天皇陛下の即位30年を記念して開かれたもので、両陛下は15日夕方、皇居の中にある皇宮警察本部の武道場に足を運ばれました。
会場では剣道と柔道の試合が行われ、両陛下と皇族方の護衛や皇居の警備にあたっている護衛官たちが、日頃鍛えた技を両陛下の前で披露しました。
15日は、おととしから去年にかけて地震や豪雨の被害に見舞われ、両陛下が被災地を訪問した北海道と5つの県の警察官も招かれました。
そして、皇宮警察の護衛官と熱のこもった試合を披露し、両陛下は、さかんに拍手を送られていました。
試合が終わると、天皇陛下は、見送る選手たちに「どうもありがとう」とねぎらいの言葉をかけられていました。