山陽新幹線先頭車両 人と接触か

14日午後、福岡県内の山陽新幹線で、のぞみの先頭車両のボンネットが壊れているのが見つかり、JR西日本と警察は人と接触したと見て調べています。
この影響で山陽新幹線は、博多駅と小倉駅の間で上下線とも運転を見合わせています。

JR西日本によりますと、14日午後2時すぎ、博多発東京行きの上り「のぞみ176号」が、小倉駅付近で先頭車両のボンネットが壊れているのを、下り側の運転士が見つけました。
列車はそのまま小倉駅を出発しましたが、次の山口県の新下関駅で止めて調べた結果、ボンネットの亀裂付近で人の体の一部のようなものが見つかったということです。
乗客や乗員にけがはありませんでした。
JR西日本と警察は列車が、走行中に人と接触したと見て現場の特定を進めるとともに、詳しい状況を調べています。
この影響で山陽新幹線は、博多駅と小倉駅の間の上下線で運転を見合わせています。