発表前にネット投稿 書類送検へ

日産自動車が去年フルモデルチェンジした人気の電気自動車を発表する前に、取引先の元社員が工場で撮影した車の写真をネットに投稿したとして、神奈川県警が不正競争防止法違反などの疑いで近く、書類送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかりました。

書類送検されるのは、横浜市にある自動車部品メーカーの30代の元社員です。
捜査関係者によりますと元社員は、日産自動車がフルモデルチェンジした人気の電気自動車「リーフ」の発表を1か月後に控えた去年8月、仕事で通っていた横須賀市内の工場で新型車を写真に収め、ツイッターに投稿したということです。
その際、元社員は「検査ラインで新型リーフを発見しました」などと書き込み、ネットで拡散したということです。
捜査を進めていた神奈川県警は、発表前の車の画像は企業秘密にあたり、投稿したことで業務を妨害したとしてこの元社員を近く、不正競争防止法違反と偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針を固めました。