小平が銀 高木が銅メダル

ピョンチャンオリンピックスピードスケート、女子1000メートルで小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得しました。
日本の女子が同一種目で複数のメダルを獲得したのは、夏と冬のオリンピックを通じて初めてです。

高木選手は、女子1500メートルに続くメダル獲得で、スピードスケートで1つの大会で複数のメダル獲得は日本の女子で初めてです。