バリアフリー費用を運賃上乗せへ

2年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国土交通省は鉄道の駅でエレベーターや転落防止のホームドアを設置するなどバリアフリー化を進めるための費用を、鉄道会社が運賃に上乗せできる新たな制度を導入する方針を固めました。
今後、鉄道各社で、新たな運賃の値上げが検討される見通しです。

全国の鉄道会社は、利用者の多いおよそ3500の駅では9割近くでエレベーターを設置するなどバリアフリー化を進めていますが、規模の小さな6000の駅では実施の見通しが立たないところが少なくありません。
また、障害者や高齢者などの転落を防止するホームドアが設置された駅も、去年3月の時点で全国のおよそ7%の686駅にとどまっています。
鉄道各社から多額の費用負担が妨げになっているという声があがっていることから、国土交通省は鉄道会社がバリアフリー化の費用を運賃に上乗せできる、新たな制度を導入する方針を固めました。
この制度では、鉄道会社が工事を行う路線ごとに数円から数十円単位で運賃に上乗せして徴収して、その後、国が工事費用にあてられているか定期的に確認することを検討しています。
鉄道会社が運賃とは別に料金を徴収する際、国に届け出が必要でこれまで特急料金や座席指定料金などは認められていましたが、バリアフリー化の費用は認められていませんでした。
東京オリンピック・パラリンピックに向けて今後、鉄道各社で新たな運賃の値上げが検討される見通しです。

ホームドアが設置されていない駅での事故は全国であとを絶ちません。
国土交通省によりますと、昨年度1年間に利用者が駅のホームから転落したり列車と接触したりした事故はあわせて3077件にのぼっています。
このうちのおよそ2%にあたる72件が視覚障害者が被害にあった事故です。
去年1月には埼玉県蕨市のJR蕨駅で、盲動犬を連れた63歳の男性が線路に転落し、電車と接触して死亡しました。
おととし10月には大阪・柏原市の近鉄大阪線の河内国分駅で視覚障害のある40歳の男性が線路に転落し、特急電車にはねられて死亡しました。
そして、おととし8月には、東京メトロ・銀座線の青山一丁目駅のホームから盲導犬を連れて歩いていた55歳の男性が線路に転落し、電車にはねられて死亡する事故が起きています。

鉄道会社にとって駅の段差の解消やホームドアの設置に多額の費用がかかることが、バリアフリー化が進まない大きな要因となってきました。
鉄道各社によりますと、バリアフリー化のためにはホームの拡張や地盤の補強など大規模な工事を伴うケースが少なくなく、通常1つの駅で段差をなくす工事には1億円から12億円ほど、ホームドアの設置には数億円から20億円近くかかる場合もあるということです。
しかし、こうした費用はこれまで各社が捻出していて、鉄道会社から新たに料金などとして運賃に上乗せして利用者から徴収できるよう求める声があがっていました。
このうち東京と千葉を結ぶ京成電鉄では、65の駅のうち83%にあたる54の駅でエレベーターやスロープの設置などで段差を解消する工事が終わっていますが、ホームドアはいずれの駅も設置できていません。
今月、初めて、東京の日暮里駅で4億6000万円をかけてホームドアを設置することが決まり工事を始めていますが、費用の捻出が難しいことなどからほかの駅での設置についてはまだ、決まっていません。
京成電鉄の室田英之工務課長は、「ホームドアなどは工事費用が非常に高額になる場合があるのが、整備がすぐに進まない課題の一つだ。いろいろな制度の拡充が図られて、さらに安全で快適な施設づくりができるようになれば、今後も整備が進んでいくと思う」と話していました。

国土交通省がバリアフリー化を進める背景には、多くの人が日本を訪れる東京オリンピック・パラリンピックを契機に、全国の鉄道やバスなどをお年寄りや障害者だけでなく、ベビーカーや重い荷物を持つ人など誰もが利用しすい交通機関にしたいという狙いがあります。
NHKが東京都内の駅で利用者に尋ねたところ、不便さを訴える声が相次ぎました。
ベビーカーを押していた20代の母親は「地下鉄から帰ろうと、今まさにエレベーターを探してうろうろしていました。すごく遠い出口になったり大回りしたりして大変です」と話していました。
また、スーツケースを持った出張帰りの50代の男性は「エレベーターの乗り場所がわからず、いつも階段でスーツケースを持ってのぼるのが結構つらいです。エレベーターがもっと整備されたらうれしいです」と話していました。
すべての駅で短期間にバリアフリー化を進めることが難しい状況を受け、東京メトロは去年6月からボランティアの力を借りる取り組みを始めています。
都心にある飯田橋駅では月に数回、近くにキャンパスがある法政大学と協力して大学生のボランティアが乗客の移動を手助けしています。
学生たちはお年寄りや杖をついている人をみつけると、安全に歩けているか近くで見守ったり声をかけて案内したりしていました。
参加した学生は「駅の全部の出入り口にエレベーターやエスカレーターがあるわけではありません。遠くからみて、困っている様子だったり危なそうだったりしたら声をかけることを心がけています」と話していました。