曲芸の海老一染之助さん死去

兄弟でコンビを組み、伝統的な傘回しの曲芸で人気を集めた海老一染之助さんが、6日肺炎のため、東京都内の病院で亡くなりました。
83歳でした。

海老一染之助さんは東京都の出身で、昭和21年に兄の染太郎さんとコンビを組んでデビューしました。
傘の上でまりや升などを回す伝統的な傘回しの曲芸で知られ、染太郎さんの「おめでとうございます」「いつもより多く回しております」などとはやし立てる声に合わせて軽妙な芸を披露する姿は、テレビや舞台で多くの人に親しまれました。
染之助さんは、平成14年に染太郎さんが亡くなってからも、1人で活動を続けていましたが、家族によりますと、80歳を前に事実上引退していました。
ここ数年は入退院を繰り返し、6日午前、東京都内の病院で肺炎のため亡くなったということです。