遡上するサケを間近に見学! 豊浦町でサケのツアーを体験

道内の河川ではサケの遡上が最盛期を迎え、胆振の豊浦町にある、人工ふ化のためにサケを捕獲する施設にも連日、多くのサケがのぼっています。

この施設は「インディアン水車」と呼ばれるもので、豊浦町に設置されているものは水中のサケをガラス越しに見ることができます。
秋に入り、貫気別川を遡上してきたサケが連日、インディアン水車で捕獲されています。
捕獲されたサケからは卵が取り出され、人工的にふ化させて稚魚を春に放流します。
噴火湾とようら観光協会では、遡上してきたサケがインディアン水車で捕獲される様子や、豊浦漁港に水揚げされた秋サケの競りを見学することのできるツアーを行っていて、外国人観光客などの人気を集めているということです。
ツアーでは町内の飲食店で秋サケの料理を味わうこともできます。
このツアーは11月中旬ごろまで行われていて、噴火湾とようら観光協会の田中博子さんは「このツアーでサケについて学ぶとともに、おいしく食べてもらって、豊浦町の魅力、サケの魅力をたくさんの人に知ってもらいたいです」と話しています。