音威子府村長選挙 元消防支署長の遠藤貴幸氏が初当選

音威子府村長選挙 元消防支署長の遠藤貴幸氏が初当選

28年ぶりの選挙戦、新人どうしの争いとなった上川の音威子府村長選挙は無所属の新人で、元消防支署長の遠藤貴幸氏が初めての当選を果たしました。
遠藤氏は中川町出身の47歳。
陸上自衛隊を経て、1995年(平成7年)に上川北部消防事務組合に入り、音威子府消防支署長を務めました。
遠藤氏は「村民が一堂に集まるイベントを開催し、若者から高齢者まで世代間の交流を増やしていきたい。大雨や地震の際の役場の初動体制などを見直し、災害に強い村をつくっていきたい」と話しています。