JR 鉄道増収も厳しい決算

JR北海道グループの今年度の中間決算は、去年9月の地震からの回復などにより本業の鉄道事業を中心に増収となったものの、営業損益は149億円の赤字にとどまり、依然として厳しい経営状況が続いています。

JR北海道が8日に発表したことし4月から9月までのグループ全体の決算によりますと、本業の鉄道事業の収益は、地震で観光客などの利用が大幅に減った前年から回復したことに加え、春の大型連休での実績が好調だったことから371億円と20億円増加しました。
一方でJRが新たな収益の柱として力を入れているホテル業では5億円、不動産賃貸業では3億円の増収にとどまりました。
その結果、営業損益は149億円の赤字と、赤字の幅は20億円縮まったものの、抜本的な業績の改善には至っていないのが現状です。
最終的な損益については国からの支援などを得たことで3億円の赤字でした。
また今年度の最終的な損益は、国の支援に加えて先月からの運賃の値上げなどにより、17億円の黒字が見込めるとしています。
JR北海道の綿貫泰之常務は「鉄道で増収を確保でき一定の手応えを得たが、厳しい結果であるため、引き続き下期も収益の確保や費用の削減に努めていきたい」と話しています。