次世代新幹線 走行試験を公開

JR東日本が開発している次世代新幹線の試験車両「ALFAーX」のホームを発着する様子が16日未明、盛岡駅で報道関係者に公開されました。

「ALFAーX」はJR東日本が2030年度に予定されている北海道新幹線の札幌延伸にあわせて最高時速360キロの営業運転を目指して開発している試験車両です。
16日はホームを発着する様子が報道関係者に公開され、仙台駅を出発した10両編成の車両が午前1時ごろ盛岡駅に到着しました。
「ALFAーX」の特徴はロングノーズと呼ばれる独特の流線型をした先端部分で、長さが22メートルあります。
16日は現在の営業運転の最高速度である320キロまで速度を上げて走行し、加速やブレーキの性能のほか乗り心地などを確かめたということです。
JR東日本は今後、およそ3年かけて新青森と仙台の間で走行試験を行い、騒音を減らす効果などを検証することにしています。
JR東日本盛岡支社の神山和則運用車両課長は「次世代の新幹線として要望の強い到達時間の短縮を目指すほか、東日本大震災をふまえた地震の対策を進めみなさんの安全を守っていきたい」と話しています。