コンビニ強盗未遂事件 男を起訴

先月、旭川市内のコンビニエンスストアに刃物のようなものを持って押し入った上、車とワイヤーを使って店内のATMを機械ごと奪おうとしたとして、24歳の会社員の男が逮捕・起訴されました。

逮捕・起訴されたのは、旭川市神居の会社員、田中勇人被告(24歳)です。
起訴状などによりますと、田中被告は先月10日の未明、旭川市永山の「セイコーマート旭川永山11条店」に仲間の男とともに押し入り、店員に刃物のようなものを突きつけて脅した上、店内のATMを機械ごと奪おうとしたとして、強盗未遂の罪に問われています。
田中被告らはATMにワイヤーを巻きつけて店の外から車で引っ張りましたが、床に固定されて動かなかったためそのまま逃げたということです。
検察は、田中被告が起訴された内容を認めているかどうか明らかにしていません。
旭川市では、先月1日にも別のコンビニエンスストアでATMが機械ごと盗まれそうになる事件があり、警察は関連を調べるとともに、逃げた仲間の男の行方を捜査しています。