苫小牧のアパートでまた不審火

14日夜、苫小牧市のアパートの敷地内で新聞紙が焼ける火事がありました。
このアパートでは先月から車などが焼ける火事がすでに4件相次いでいて、警察は連続放火の疑いがあるとみて捜査しています。

14日夜7時ごろ、苫小牧市日吉町4丁目のアパートで、敷地内にあった新聞紙から火が出ているのをパトロール中の警察官が見つけました。
この警察官がすぐに火を消し止め、けが人や建物への被害はありませんでした。
警察によりますと、このアパートでは先月11日以降、敷地内の倉庫や止めてあったワゴン車などが焼ける火事がすでに4件相次いでいて、14日夜も警察官が現場周辺で警戒にあたっていたということです。
現場はJR室蘭線の糸井駅からおよそ700メートルの住宅地で、警察はいずれも火の気がないことから連続放火の疑いがあるとみて捜査しています。