7日から雪伴った強風に十分注意

道内は低気圧の通過に伴って冬型の気圧配置が強まり、7日の夜明け前から道内では広い範囲で雪を伴った風が強く吹きます。
気象台は7日から8日にかけ吹雪や吹きだまりによる交通への影響や強風に十分注意するとともに、高波やなだれ、電線の着雪に注意するよう呼びかけています。

札幌管区気象台によりますと、日本海で発生する低気圧が発達しながら北海道の南の海上を進み、7日は道内の広い範囲で雪を伴った強い風が吹く見込みです。
予想される最大瞬間風速は、日本海側南部の海上と陸上ともに30メートル、太平洋側とオホーツク海側でも海上、陸上ともに30メートルなどととなっています。
7日午後6時までに降る24時間の雪の量は、多いところで日本海側南部とオホーツク海側、それに太平洋側東部で40センチと予想されています。
気象台によりますと、桧山地方では7日午前3時ごろから風が強くなり、昼前からは強い風が吹く見込みです。
そのほかの地域については、7日昼前ごろから夜にかけて雪を伴った強い風が吹く見込みです。
気象台は7日から8日にかけて吹雪や吹きだまりによる交通への影響や強風に十分注意するとともに、高波やなだれ、電線の着雪に注意するよう呼びかけています。

【最新の交通情報確認を】
交通機関への影響です。
7日の欠航が決まっているのは、午後8時現在、全日空の新千歳と釧路や函館などを結ぶあわせて10便です。また、ほかの航空各社も雪の降り方によっては、欠航や遅れが出るおそれがあるとしています。
JR北海道は午後5時現在、運休を予定している列車はないということです。
航空各社やJR北海道ではいずれも「ホームページなどで最新の情報を確認してほしい」と呼びかけています。