土砂・がれき多く復旧作業進まず

胆振東部地震から3か月がたちましたが、大規模な土砂崩れが起きた厚真町では、崩れた土砂やがれきの量が多く、処分先の確保や工事の見積もりなどに時間がかかり、復旧作業がいっこうに進んでいません。
農地については撤去の完了までに数年かかる可能性もあり、被災者の間で不安が募っています。

9月の地震で厚真町とその周辺ではおよそ3800か所の広範囲で土砂崩れが発生し、国土交通省の調査で崩壊で発生した土砂の量はおよそ3000万トンと推定されています。
町と北海道は、こうした土砂の撤去など国から補助を受けるのに必要な「災害査定」を進めていますが、これまでに査定を終えたのは、道路と河川で67.3%、農地や農業施設で79.7%といずれも7割程度にとどまり、査定が終わったか所でも復旧作業はほとんど進んでいません。
また、住宅地については、公費による被災家屋の解体を求める町への申請がこれまでに114件寄せられていますが、まだ1件も査定が行われていないということです。
町によりますと、土砂やがれきの量が多く、撤去したあとの処分先の確保や工事の見積もりなどに時間がかかっているほか、査定に必要な測量業務などを監督できる技術職員の数も不足しているということです。
農地については撤去が完了するまでに数年かかる可能性もあるということで、被災者の間で不安が募っています。
厚真町の宮坂尚市朗町長は、「復旧が進まない現状に町民から批判を受けてしかるべきだと思う。住民から理解を得られるよう地域ごとの復興スケジュールを早めに示したい」と話しています。