大気不安定 大雨に十分注意

道内は低気圧から伸びる前線の影響で、10日にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みで、気象台は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、それに竜巻などの激しい突風などに十分注意するよう呼びかけています。

札幌管区気象台によりますと、低気圧から伸びる前線が通過する影響で、道内は大気の状態が非常に不安定になる見込みです。
日本海側南部と太平洋側では、9日昼前から10日にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降って大雨となる見込みで、多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
10日午前6時までの24時間に降る雨の量は、日本海側南部と太平洋側西部で130ミリ、太平洋側東部で80ミリと予想されています。
気象台は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、竜巻などの激しい突風、それに落雷やひょうに十分注意するとともに、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には頑丈な建物の中に移動するなど、安全を確保するよう呼びかけています。