八雲町で男性がクマに襲われけが

11日午後、道南の八雲町の山林で、キノコ採りをしていた58歳の男性がクマに襲われ顔にけがをしました。
クマはその場を立ち去ったということで、警察はパトカーを出して周辺の住民に注意を呼びかけています。

警察や消防によりますと、11日午後2時半ごろ八雲町落部の山林で、町内に住む酒井隆広さん(58)がキノコ採りをしていたところ、突然1頭のクマに襲われました。
クマはその場を立ち去り、酒井さんは自力で家に戻って消防に通報し、八雲町内の病院に運ばれ手当てを受けています。
消防によりますと、酒井さんは左目の上をひっかかれて出血していますが、会話ができ命に別状はないということです。
警察によりますと、酒井さんの身長は1メートル60センチほどですが、クマはそれより少し大きかったということです。
現場は、八雲町の落部漁港から2キロほど離れた山林で、警察はパトカーを出して周辺の住民に注意を呼びかけています。