乳房炎発症した乳牛 先月の2倍

地震による停電の影響で道東の別海町では、乳を搾れずに体調を崩した乳牛に「乳房炎」という病気が広がり、酪農家からは影響を懸念する声が上がっています。

別海町で70頭の乳牛を飼育している牧場では、停電の影響で最大で5時間搾乳が遅れ、ストレスで体調を崩した3頭が「乳房炎」になったということです。
14日は症状が長引く1頭に獣医師が抗生剤と点滴を投与しました。
「乳房炎」は乳が搾られなかったりストレスを受けたりして体調を崩した乳牛の乳房に細菌が入り込んで起き、乳房が腫れたり発熱したりするほか、悪化すると死ぬおそれもあります。
家畜を診療する「北海道ひがし農業共済組合」によりますと、今月6日から10日までに乳房炎と診断された乳牛は釧路・根室地方であわせて5917頭と先月の同じ時期のおよそ2倍にのぼるということです。
乳房炎は抗生剤で回復するものの長ければ10日ほど生乳を出荷できず、体調がよくなっても搾乳量が戻らない可能性もあるということです。
北海道ひがし農業共済組合の後閑賢一獣医師は、「夏場に増える病気ですがここまで一気に出ることは過去ありません」と話しています。
「たんぽぽ牧場」を経営する加藤忠博さんは、「今後の生産量がどうなるか心配です。牛の健康が一番なのでこれ以上乳房炎が出ないことを祈っています」と話しています。