消防士また逮捕 消防局長が陳謝

12日夜、札幌市白石区の20代の女性のアパートに侵入しようとしたとして、札幌市消防局に勤務する26歳の消防士が逮捕されました。
札幌市消防局では別の消防士が逮捕されるなど不祥事が相次いでいます。

逮捕されたのは、札幌市白石区北郷2条4丁目に住む札幌市消防局東消防署の消防士、森谷尋樹容疑者(26)です。
警察によりますと、森谷消防士は、12日午後10時すぎ、札幌市白石区の20代の女性が1人で暮らしているアパートの2階の部屋の窓から侵入しようとしたとして、住居侵入未遂の疑いが持たれています。
女性からの通報を受けて捜査した警察が、現場近くで目撃情報などと一致する男を発見し、容疑が固まったとして13日朝早く、逮捕しました。
調べに対して、森谷消防士は「女性の部屋をのぞきたかった」と容疑を認めているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。
札幌市消防局では別の消防士が詐欺の疑いで逮捕されるなど不祥事が相次いでいます。

【消防局長が会見で陳謝】
消防士の逮捕が相次いでいることを受けて、札幌市消防局は13日、急きょ会見を開き、萬年清隆局長が「市民の信頼を大きく損ねることになり、深くお詫びします」と陳謝しました。
札幌市消防局をめぐっては、交通事故を装い保険金をだましとったとして27歳の消防士が今月1日、詐欺の疑いで逮捕され、13日も26歳の消防士が女性の部屋に侵入しようとした疑いで逮捕されました。
また、11日付けで賭け麻雀をした職員34人が厳重注意処分を受けたことが明らかになっていて、このところ不祥事が相次ぐ事態となっています。
13日、札幌市役所で急きょ会見した萬年局長は、「高い倫理観と規範意識が求められる公務員としてあってならないことだ。市民の信頼を大きく損ねることになり深くお詫び申し上げます」と陳謝しました。
そのうえで、すべての職員を対象に個別の面談を緊急に実施するほか、20代の若手職員を中心に倫理研修の機会を増やすなど、あらたな再発防止策を早急に実施する考えを示しました。