小学生の体に触った疑い 男逮捕

東京・練馬区の路上で先月、小学生の体を無理やり触ったとして22歳の男が強制わいせつの疑いで逮捕されました。
男は小川勝也参議院議員の長男で、調べに対し容疑を否認しているということですが、小川氏は「お騒がせすることとなったことについて心よりおわびを申しあげます」とコメントしています。

逮捕されたのは東京・練馬区氷川台の職業不詳、小川遙資容疑者(22)です。
警視庁の調べによりますと、先月14日東京・練馬区の路上で帰宅途中の小学生の女子児童の体を無理やり触ったとして強制わいせつの疑いが持たれています。
警視庁の調べに対し「私はやってません」と容疑を否認しているということです。
練馬区内では先月、小学生の女子児童が体を触られるなどの被害がほかにも5件起きていて、逃げた男の特徴が小川容疑者とよく似ていることから警視庁が関連を捜査しています。
小川容疑者は小川勝也参議院議員の長男で、埼玉県内で起きた別の強制わいせつ事件などで裁判中で、保釈されていました。
これについて小川参議院議員は「事実関係を確認しているが、いずれにせよ現在保釈中の身でありながらこうした事態に至り、関係の皆様をお騒がせすることとなったことについて心よりおわびを申しあげます」というコメントを発表しました。