18日夕方から荒れた天気警戒

低気圧の通過に伴って道内は18日の夕方以降、太平洋側西部で風が非常に強まるほか、ところによって激しい雨が降り、峠や山間部では雪やみぞれの荒れた天気となる見込みです。気象台は、暴風に警戒するとともに、大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意するよう呼びかけています。
札幌管区気象台によりますと低気圧が18日以降、北海道に接近・通過する影響で、道内は週末にかけて荒れた天気となる見通しです。
太平洋側西部では18日夕方から19日にかけて東の風が非常に強まる見込みで、18日の最大瞬間風速は陸上・海上とも30メートルと予想されています。
激しい雨も降るところもある見込みで、18日午後6時までの24時間に降る雨の量は、太平洋側西部と日本海側南部で50ミリ、その後、18日午後6時までの24時間に降る雨の量は、道内の多いところで50から100ミリと予想されています。気象台は、暴風に警戒するとともに、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。
19日の土曜日から日曜日にかけては上空1500メートル付近に4月中旬並みの寒気も入るため、オホーツク海側や太平洋側東部では標高の高い峠や山間部を中心に雪やみぞれが降り積もるところもある見込みです。気象台は積雪や路面の凍結による交通への影響にも注意するよう呼びかけています。