月形町長 廃止受け入れる方向

JR北海道が路線を廃止したいとしている学園都市線をめぐって、沿線の自治体のひとつ月形町の上坂隆一町長は16日、記者団に対して路線廃止を受け入れる方向で今後議会などと調整し、来月最終的に決定する考えを示しました。
JR北海道は学園都市線の北海道医療大学・新十津川間を廃止したい意向を示していて、16日は月形町とJRが個別に協議をしました。
この協議のあと上坂町長は記者団に対し、JR側から、路線を残しても安全に運行できる態勢が維持できず、代わりにバスを運行して高校生の通学手段などを確保したいといった説明があったことを明らかにしました。
そのうえで上坂町長は「私としては苦渋の選択をしなければならないと思う」と述べ、路線廃止を受け入れる方向で今後議会などと調整を進め、来月中に最終的に決定したいという考えを示しました。
学園都市線をめぐっては今後、同じ沿線自治体の当別町、新十津川町、浦臼町の判断が焦点となります。