重ねる色に思いを託して

色鉛筆を幾重にも塗り重ね、深みのある色合いを独特な表現で描く画家が伊達市にいます。
塩谷恭子さん。
色鉛筆で描いた作品を発表するかたわら、自宅で教室を開いています。塩谷さんは、これまで「愛情」や「やさしさ」を作品にこめてきました。
いま、これまでに描いたことのないテーマに取り組んでいます。
「怒りや悲しみ」、負の感情の表現です。
制作の現場に迫りました。