八雲町でメガソーラー起工式

道南の八雲町で蓄電池付きとしては国内最大級の出力をもつ太陽光発電所、メガソーラーの起工式が行われました。
八雲町で開かれた起工式には関係者およそ100人が出席し、メガソーラーを建設するソフトバンクの子会社「SBエナジー」の三輪茂基社長らが工事の安全を祈願しました。
「SBエナジー」などは、八雲町にある民間会社の敷地130ヘクタール余りを借りて、ソーラーパネル30万枚のメガソーラーを建設する計画です。
最大出力はおよそ10万2300キロワットで、出力が変動しやすいという短所を補う蓄電池併設型のメガソーラーとしては国内最大級だということです。
電力はすべて北海道電力に販売する計画で、2020年度中の運転開始を目指しています。
八雲町の岩村克詔町長は「持続可能なまちづくりにメガソーラーのエネルギーをいかしていきたい」と話していました。