男児ひき逃げ 自転車の画像公開

札幌市中央区の路上で小学2年生の男子児童が自転車にはねられて大けがをした事故から16日で1週間がたちますが、逃げた自転車の男の行方はわかっていません。
警察は男が乗っていた白い自転車の画像をホームページ上に公開し、情報提供を呼びかけました。
今月9日午後5時前、札幌市中央区南9条西3丁目の路上で、近くに住む小学2年生の男の子(7歳)がコンビニエンスストアで買い物を終えて店を出た直後、右から走ってきた自転車にはねられ左足の骨を折る大けがをしました。
警察は、男の子を救護せずに走り去ったとしてひき逃げの疑いがあるとみて自転車の男の行方を捜査していますが、その後の警察の調べで、男は事故のあとすぐに左折し、現場の道路から西側の道路をススキノ方面に北進したあとススキノの繁華街で自転車を駐輪する姿が防犯カメラに映っていたことが新たにわかりました。
警察は16日、男が乗っていた白い自転車の画像をホームページに公開しました。
男は年齢が20代から30代くらいのやせ型で、茶髪混じりの黒髪、紺色のジャンバーに灰色のズボン、白い靴をはいていたということで、警察が情報提供を求めています。