夕方にかけ 大雨のおそれ

12日の道内は大気の状態が不安定となり、日本海側や太平洋側西部では夕方にかけて大雨のおそれもあり、気象台は低い土地の浸水や土砂災害に注意するよう呼びかけています。
札幌管区気象台によりますと、北海道付近は上空に寒気が入って大気の状態が不安定となり、広い範囲で曇りや雨となっています。
気温も上がらず、各地で予想される最高気温は、帯広市と室蘭市で18度、函館市で19度、札幌市と旭川市で20度と、9月下旬から10月上旬並みの気温になる見込みです。
12日夕方にかけては日本海側や太平洋側西部では大雨になるところもある見込みで、気象台は低い土地の浸水や土砂災害に注意するよう呼びかけるとともに低温による農作物の管理にも注意を呼びかけています。