NHKワールドTV

ホームページ

NHKワールドTVの番組を放送と同時に24時間ライブストリーミングで配信しており、トップページなどからご覧いただけます。また、ニュース番組で放送されたリポートや一部の番組は、放送後にも一定の期間ご覧いただくことができます。

アプリ

専用の無料アプリをダウンロードすれば、スマートフォンやタブレット端末などで、どこでも簡単に視聴できます。 Apple TVやAndroid TV、Amazon Fire TVでも、Wi-Fi環境があれば、端末を接続しアプリをダウンロードすることでテレビでお楽しみいただけます。

TV

衛星放送、ケーブル局

現地の衛星放送局、ケーブルテレビ、IPTV、DTHなどを通じての「NHKワールドTV」視聴のご案内

衛星を直接受信

NHKワールドTVは、3つのCバンド衛星を利用して、1日24時間、ほぼ全世界に向けて放送しています。衛星からの電波を受信するにはパラボラ・アンテナ(直径2.5m~6m)を設置する必要があります。詳しくは、お住まいの地域の衛星テレビ機器販売店におたずねください。

チューナーの設定(パラメーター)

デジタル衛星チューナーで、周波数・シンボルレート・FEC値などを設定すれば受信できます。衛星ごとの設定値は、以下のとおりです。

アジア・太平洋 南西アジア・中央アジア・中東・アフリカ・欧州 南北アメリカ
衛星: IS-19 衛星: IS-20 衛星: IS-21
周波数: 4060MHz 周波数: 3739MHz 周波数: 4040MHz
シンボルレート: 26590 baud シンボルレート: 26590 baud シンボルレート: 26590 baud
FEC値: 1/2 FEC値: 1/2 FEC値: 1/2
偏波: H 偏波: H 偏波: H

テレビ放送の形式は次の通りです。

放送形式 <圧縮フォーマット>

  • PAL <MPEG-2>
    衛星: IS-21,IS-20,IS-19
    チャンネル情報: [625 English],[625 Japanese]
  • HD(1080/59.94i) <MPEG-4 AVC/H.264>
    衛星: IS-21,IS-19
    チャンネル情報: [1080/60i English],[1080/60i Japanese]
  • HD(1080/50i) <MPEG-4 AVC/H.264>
    衛星: IS-20
    チャンネル情報: [1080/50i English],[1080/50i Japanese]

ハイビジョン放送を受信するには、ハイビジョン方式(MPEG-4 AVC/H.264)に対応したデジタルチューナーが必要になります。ハイビジョン方式デジタルチューナーに受信パラメータを設定後、受信衛星の放送方式に応じて「1080/60i English」「1080/60i Japanese」もしくは「1080/50i English」「1080/50i Japanese」を選択することで受信できます。

NTSC方式のテレビでご覧になる場合は、【1】PAL信号を受信(「625 English」もしくは「625 Japanese」を選択)し、NTSC信号に変換する方式変換機をご用意いただくか、もしくは、【2】ハイビジョン信号をNTSC信号に変換する機能の付いたハイビジョン方式(MPEG-4 AVC/H.264)対応デジタルチューナーが必要になります。

放送エリア
2012年10月23日以降