海外で聴くには

短波放送の受信方法・周波数

NHKのラジオ国際放送は、6MHzから21MHzの周波数帯で放送しています。目的の放送が受信できる短波ラジオをご用意ください。
短波は季節や時間、地域によって伝わり方が変わるため、時間帯や対象地域によって周波数を使い分けています。
また、年2回、春と秋に周波数を変更します。最新の周波数表をご参照ください。

衛星ラジオの受信方法

NHKのラジオ国際放送は、CバンドおよびKuバンド衛星でも放送しています。
受信するには次の装置が必要です。

1.パラボラ・アンテナ

2.アンテナの中央部に取り付ける周波数変換装置(LNB)※C-バンド受信の場合のみ

3.デジタル衛星チューナー※パラボラ・アンテナの大きさやチューナーの価格、機種などについて詳しくは、お住まいの地域の衛星ラジオ機器販売店におたずねください。

ウェブサイト

放送と同時にライブストリーミングで配信しています。また、各言語のサイトでニュースと番組音声(日本語は「海外安全情報」のみ)をオンデマンドで提供しています。

アプリ

専用の無料アプリをダウンロードすれば、スマートフォンやタブレット端末などで、どこでも簡単に視聴できます。