NHKワールド・ラジオ日本

海外安全情報

外務省の危険情報を中心に、世界各国・地域の治安情報、災害情報、感染症情報をお伝えしています。在留邦人の緊急時のライフラインの一つとしてもご利用ください。
NHKワールド ラジオ日本で放送しています。

地域別情報

安全情報に関しては、外務省海外安全ホームページもご参照ください

アジア・オセアニア

2018年4月17日更新

パプアニューギニア北部の州で、別の地方の出身の教師2人がこの州の若者に殺害される事件が起きたことから、双方が対立し、暴動が発生しているため、渡航・滞在する人は注意が必要です。

パプアニューギニア

パプアニューギニアの日本大使館によりますと、4月2日、北部のマダン州の小学校で、中部のハイランド地方出身の2人の教師が、マダン州の若者に殺害されるという事件が起きました。
この事件をきっかけに、マダン州では、マダン州の住民とハイランド地方の出身者が対立して、暴動が発生し、この暴動で若者2人が死亡し、警察官1人が重傷を負ったということです。
さらに、現地では道路が封鎖されたり、橋が壊されたりするなどの事態になり、住民と警察の間の銃撃戦に発展したということです。
警察が多くの警察官を動員して事態の沈静化をはかっていますが、今後も予測不可能な事態が起きるおそれがあります。
このため、パプアニューギニアの日本大使館では、不測の事態に巻き込まれないようマダン州への不要不急の渡航は控えるように注意を呼びかけています。

2018年4月12日更新

バングラデシュでは4月14日がベンガル暦の新年にあたり、各地で祝賀行事が行われますが、この日にテロ事件が発生したこともあるため現地の日本大使館が注意を呼びかけています。

バングラデシュ

4月14日はベンガル暦の新年「ポヘラ・ボイシャク」の祝賀行事が国内各地で行われる予定です。
首都ダッカではダッカ大学構内、ロムナ公園、ロビンドロ・ショルボール、スラワルディ公園で大規模な行事が行われます。
2001年のベンガル新年では、ロムナ公園でテロ事件が発生し、多数の死傷者が出ました。
バングラデシュ政府は、午後5時以降の屋外行事を禁止するとともにお面をかぶることも禁止すると発表しています。
またバングラデシュでは2016年7月、ダッカで、飲食店が武装グループに襲撃され、日本人7人を含む20人以上が死亡しました。
こうした状況から日本大使館ではバングラデシュでは大規模なものを含めテロ事件が発生するおそれがあるとして次のような注意を呼びかけています。
▽不要不急の外出を控える。
▽外出の際は、不測の事態に巻き込まれないよう群衆への接近は避ける。
▽周囲の状況に注意して慎重な行動を心がけ、異常事態に遭遇した場合はすぐにその場から退避する。
日本大使館ではこのように呼びかけています。

中東・中央アジア

2018年4月18日更新

パキスタンの首都イスラマバードで手りゅう弾や拳銃などが入った袋が見つかる事件があり、現地の日本大使館が注意を呼びかけています。

パキスタン

今月14日、パキスタンの首都イスラマバードの道路脇に不審な袋があると、市民から警察に通報がありました。
警察が調べたところ袋の中から手りゅう弾5個、拳銃2丁、それに、自爆に使うベスト2着などが見つかりました。
警察では、自爆に使うベストの爆破装置を解除しましたが事件の容疑者は逮捕されていません。
イスラマバードでは、厳重な警戒が続いていてここ数年間はこうした事件は起きていませんが、今後もテロの可能性は排除できない状態です。
このためパキスタンの日本大使館では、パキスタンに渡航、滞在を予定している人に対して次のような注意を呼びかけています。
▽最新の治安情報を入手する。
▽テロの標的になりやすい政府機関、軍・警察などの治安施設や車両、検問所、宗教関連施設、それに、報道機関などにはできるだけ近づかない。
▽有名ホテル、レストラン、マーケット、それに、欧米関連施設を利用するときは短時間で用事を済ませる。
▽常に周囲の状況に注意し、不審な点を感じたら、速やかにその場を離れる。
▽抗議活動や集会場所には近づかない。
▽移動中に集会などに遭遇したときは、その場を離れる。
パキスタンの日本大使館では、こうした注意を呼びかけています。

2018年4月16日更新

ハマスなどパレスチナ暫定自治区の各派は、5月15日の「ナクバの日」に向けてデモ行進を呼びかけているため、イスラエルにある日本大使館が注意を呼びかけています。

パレスチナ

5月15日の「ナクバの日」は、1948年5月14日にイスラエルが建国されたのに伴い居住地を追われたパレスチナ住民が悲劇を嘆くため設けた日で、パレスチナ住民の間では、歴史の記憶を語り続けていくさまざまな試みがなされています。
ことしは、「ナクバの日」が近づくにつれて、パレスチナの各所で住民とイスラエルの治安部隊が衝突して死傷者が出ているため、緊張が高まっています。
こうした中、ハマスなどパレスチナ暫定自治区の各派は、住民に「ナクバの日」に向けて継続的にデモを行うよう呼びかけています。
イスラエルにある日本大使館は、イスラエルとパレスチナに渡航・滞在する人に対して現地の治安情報の入手に努め、デモなどには近づかないよう呼びかけています。
また、日本の外務省は、イスラエルのうちガザ地区とその周辺、一部の都市などを除くヨルダン川西岸地区とレバノンとの国境地帯に引き続き「渡航中止勧告」の危険情報を、そのほかの地域には「十分注意」の危険情報を出しています。

パレスチナ

南北アメリカ

2018年4月19日更新

アメリカ東部のペンシルベニア州の空港で、左のエンジン部分が大破した国内線の旅客機が緊急着陸し、1人が死亡、7人がけがをしました。

アメリカ

この事故では、乗客の女性が割れた窓から旅客機の外に吸い出されそうになったことがわかり、専門家は、シートベルトの重要性を指摘しています。
アメリカで17日、ニューヨークから南部テキサス州のダラスに向かっていたサウスウエスト航空のボーイング737型機が、(なな・さん・なな)左のエンジン部分が大破し、東部ペンシルベニア州にあるフィラデルフィア国際空港に緊急着陸しました。
この事故で、乗客乗員149人のうち、1人が死亡し、7人が軽いけがをしました。
また、機体は旅客機の胴体や翼が壊れ、乗客が撮った写真には客室の窓ガラスが割れている様子が写っています。
ABCテレビは、女性1人が割れた窓から旅客機の外に吸い出されそうになっていたという乗客の話を伝えています。
この事故について、専門家は、空気を取り込むためのファンのブレードが何らかの原因で壊れ、飛び散った部品で窓が割れた可能性があると分析しています。
その上で上空1万メートル付近では、機内と機外の気圧差が非常に大きいため、穴が開くと瞬間的に空気が抜け、人間は簡単に吸い出されてしまうということです。
このため機体に穴が開いた場合は座席のベルトを強く締めた上で穴に近づかないことが重要だと指摘しています。

2018年4月19日更新

エクアドルでは、コロンビアとの国境付近で、このところ爆弾事件や銃撃事件が頻繁に起きていることから、日本の外務省は、この付近の危険レベルを引き上げ、渡航を中止するよう勧告しています。

エクアドル

エクアドルでは、コロンビアから反政府ゲリラなどが侵入して治安が悪化し、ことしの1月27日には、エスメラルダス州のサン・ロレンソで、警察施設の近くに仕掛けられた爆弾が爆発しました。
このためエクアドル政府は、この地域に緊急事態宣言を発令して、取締りを強化しています。
しかし、その後も銃撃事件などが相次いで発生しているため、外務省は、これらの地域の危険レベルを引き上げ、渡航を中止するよう勧告しています。
一方、最大の都市グアヤキルでは、5年前の2013年12月に、旅行中の日本人の男女2人が、8人以上の強盗グループに銃で襲われ、男性が死亡し、女性が大けがをする事件がおきました。
事件のあったグアヤキルや首都のキトでは、エクアドルの犯罪の半数以上が発生しています。
このため外務省ではこれらの都市を旅行する人に対して、十分注意するよう呼びかけています。

ヨーロッパ

2018年4月20日更新

オーストリアの首都ウィーンでは4月22日にウィーン・シティマラソンが行われますが、現地の日本大使館では交通規制などによる混雑に注意するほか、マラソンコース付近などを訪れる場合はテロ事件など不測の事態に巻き込まれないよう注意を呼びかけています。

オーストリア

4月22日のウィーン・シティマラソンには世界各地から4万2千人以上のランナーが出場するほか、前日の21日には10キロマラソンなどが行われます。
大会が開催される両日には、ウィーン市内各所で交通規制などによる混雑やトラムなどの公共交通機関の運行に変更などが見込まれます。
さらにコース付近の沿道には多数の観客が訪れ、混雑が予想されます。
また他国では、過去にマラソン大会を狙ったテロ事件も発生しています。
このため日本大使館では、マラソンに参加する人やコース付近で観戦する人に対して次のような注意を呼びかけています。
▽報道などから最新の治安情報の入手に努める。
▽不審者や不審物を発見した場合は、その場から直ちに離れ速やかに警察官、大会関係者に通報する。
▽不測の事態が発生した場合に備え、家族や職場に行動予定を知らせておく。
▽緊急時の連絡手段を確保する。
日本大使館ではこのように呼びかけています。

2018年4月20日更新

アルメニア北東部の公道で、一般車両が、ナゴルノカラバフ地域の領有をめぐって紛争を抱える隣国アゼルバイジャンの軍から発砲される事件が発生したため、現地の日本大使館が注意を呼びかけています。

アルメニア

アルメニアの日本大使館によりますと、4月12日夜、北東部のアゼルバイジャン国境周辺地域のバガニス村の公道で、一般車両がアゼルバイジャン軍から発砲される事件が起きました。
この公道はアルメニアの首都エレバンとジョージアの首都トビリシ間を往復している小型乗り合いバスが使用しているため、日本大使館では利用するときは経路を確認するなど十分注意するよう呼びかけています。
アルメニアは、隣国アゼルバイジャン領内のナゴルノカラバフ地域のアルメニア編入問題をめぐって、紛争を抱えています。
両国は、1994年以降停戦中ですが、2014年7月末から8月はじめにかけて、国境付近で両国の軍隊が衝突して双方に多数の死傷者が出るなど停戦違反事件が散発的に発生しています。
日本の外務省は、アルメニアのうちアゼルバイジャンとの国境周辺地域に「渡航中止勧告」、首都エレバンを含むそのほかの地域には「十分注意」の危険情報を出しています。

アルメニア2

アフリカ

2018年4月18日更新

カメルーンでは、英語圏の独立を掲げる勢力と治安部隊の衝突で多くの死傷者が出ているため、日本の外務省は、英語圏の北西州と南西州の危険レベルを引き上げ、不要不急の渡航はやめるよう勧告しています。

カメルーン

カメルーンは2011年10月に現職のポール・ビヤ大統領が、6回目の当選を果たし、比較的安定した政権運営が行われていますが、去年10月、英語圏の北西州と南西州の独立問題をめぐって、分離独立派のデモ隊と治安部隊が衝突し、17人が死亡、およそ50人がけがをしました。
また、11月には、南西州で、軍人4人と警察官2人が独立派とみられる者に殺害されました。

カメルーン

こうした事態を受け日本の外務省は、英語圏の北西州と南西州に出していた「十分注意」の危険情報を「不要不急の渡航中止勧告」に引き上げました。
カメルーンでは北部の極北州に、イスラム武装組織「ボコ・ハラム」による外国人の拉致や自爆テロが起きているとして「退避勧告」が、また、中央アフリカ、ナイジェリアの北部州、それに、チャドとのいずれも国境地帯に、「渡航中止勧告」が出されています。
そのほか、地域によって「不要不急の渡航中止勧告」と「十分注意」の危険情報が出されています。

2018年4月10日更新

モロッコには、日本からも多くの観光客が訪れていますが、日本の外務省は、全土にテロの脅威があるとして、十分注意をするよう呼びかけています。

モロッコ

モロッコ政府は、2014年、テロ警戒レベルを最高度に引き上げ、軍をテロ対策に投入したほか、2015年の3月には、内務省にテロ・誘拐対策を専門に扱う中央司法捜査局を新設しました。
この結果、中央司法捜査局は、昨年末までに739人のテロリストを逮捕しました。
しかし、シリアやイラクで戦闘に参加するため、モロッコから渡航していたおよそ1600人が、今後帰国して、テロ活動を行う可能性が懸念されています。
また北部の都市アル・ホセイマで、魚売りの摘発に抗議した男性がゴミ収集車に飛び込んで自殺したあと各地で続いているデモや、北東部の都市ジェラダで、炭鉱の事故で2人が死亡したのをきっかけにしたデモは、しばしば治安部隊との衝突に発展しています。
年間1100万人の観光客が訪れるモロッコには、日本からも多くの人が訪れていますが、このように依然として、治安が懸念されることから、外務省では十分注意をするよう呼びかけています。

津波情報について

日本の気象庁やハワイの太平洋津波警報センターは、太平洋やインド洋で起きた大きな地震で、沿岸の国々に津波の可能性がある場合、津波情報を発表します。

NHKの国際放送では、地震の規模がマグニチュード7.6以上で広い範囲に津波の可能性がある場合、テレビとラジオで津波情報を速報します。

海外で大きな地震を感じたときは、念のため海岸から離れて、NHKのテレビ・ラジオ国際放送に注意してください。滞在している国・地域の気象・防災機関の情報にも注意してください。

注)NHKの海外向けテレビは、西アフリカと南太平洋の一部を除いて、ほぼ全世界に向けて放送されていますが、居住・旅行している国・地域や宿泊先のホテルなどによって視聴環境に大きな差があり、見られない場合もあります。また、ラジオ日本(短波による国際放送)は、国・地域によって放送時間が異なりますので、ご注意ください。