就活ニュース

わが子の就活(2) 子どもの就活が気になります…どう関わっていけばいいですか?

2022年06月24日

  • お問い合わせ

最近、就活を始めたわが子。自分たちの時とはいろいろ状況が変わっているようだけど、できることはサポートしてあげたい…。

どう関わっていけばいいの?専門家に聞きました。

どう関わる?

今回、話を聞いたのは「リクルート就職みらい研究所」所長の栗田貴祥さん。就活生の保護者を対象にしたセミナーなどでも講演を行っています。

子どもが就職活動を始めたけれど、どこまで関わっていいのか分からない。

毎年こうした悩みを抱える保護者が少なくないんだそう。

まずは、就活生の親が持つべき基本的な心構えについてたずねました。

リクルート就職みらい研究所 栗田貴祥所長
1992年リクルート入社 新卒メディア・中途メディア事業の営業部門、リクナビ編集長などを経て2022年4月より現職

(栗田さん)

初めての就活を進める中で、保護者の方がお子さんに気づきを与えるケースもたくさんあると思います。

あまり気兼ねせずに声がけすることを前提に、いろいろ相談にのっていただくといいと思います。

リクルートが22年卒の大学生、およそ4000人を対象に「卒業後の進路を考える上で影響を与えた人」を尋ねたところ、「親」と回答した学生が、46.9%に上ったそう。

「子どもに声をかけるべきかどうか」と悩んでいるような場合には、気軽に声をかけてみてもいいのかもしれません。

とはいえ、自分の経験や価値観に基づいた意見を子どもに押しつけることは、ケンカのもとにも…。

そこで、知っておきたいのが、20~30年前と今では、就活を取り巻く環境が大きく異なっている、という事実。

「転職のありよう」「オンライン就活」の2つのキーワードを軸に、確認していきましょう。

「転職ありき」もダメじゃない

(栗田さん)

昔は終身雇用が一般的でしたが、今は転職が当たり前とも言える時代になってきています。

現在は、個人が働き続けられる職業寿命は48年ほど会社の企業寿命平均で24年ほどと言われていて、企業の寿命よりも個人が働き続ける期間の方が長くなっています。

ですので、1社でずっと働き続けること自体が難しくなってきていることから、ある程度、転職が前提の世の中になってきている、というのは頭に入れておいた方がいいです。

すなわち、これからは1社で勤め上げるのではなく、複数の会社で働き続けられる力を身につけることによって安心安全というのを担保していく時代とも言えます。

自分のキャリアをちゃんとイメージした上での選択であれば、転職をする前提での就活ということも、選択肢としては、全然あり得るということです。

どこの会社にいくか、ではなく、どんなキャリアを築いていくのか、という視点を、いっそう重視して見ていく必要がありそうです。

オンライン就活に配慮を

そして、就活を進めていくうえでもはや必需品とも言えるのが自宅のオンライン環境の整備

図を見てもらって分かるように、面接が対面だけで完結する企業は、わずか1割ほどなのが現状となっています。

大学の授業でも使っているとはいえ、本番を迎える前に、一度、確認しておいた方がよさそうです。

(栗田さん)

学生たちと話をすると、自宅の通信環境が不安だ、という声をよく聞きます。

もし可能なら、わが子が不安なく選考に集中できるよう、自宅の通信環境に問題がないか確認してあげてください。

あとは、ハード面だけでなく、ソフト面での気配りもぜひお願いします。

面接の内容に耳をそばだてる、なんていうことはやめてあげてくださいね。

どんなことに気を付ければよいのか、以下、就活生の実際の声を参考に見てみましょう。

▼就活生の声/オンライン選考の時に嫌だったこと

・オンライン面接で親が家にいると話しづらい。

・面接中に扉を開けられた。

・Webテスト中に自室をノックされ集中力が切れてしまった。

・生活音が気になった。聞かれていると思って緊張してしまう。

・毎回隣の部屋で聞いてフィードバックされる。

(栗田さん)

みなさんが気になるのは重々承知ですが、お子さんが気持ちよく就活に取り組める環境を整え、見守ってあげてほしいと思います。

どのような協力ができるのかはご家庭の状況によっても異なると思います。

事前にお子さんと話をしていただいて、ご家庭の状況やお子さんの考えに合った形で寄り添ってくださいね。

最後に、就職活動における親との関わりで良かったこと、悪かったことを尋ねた就活生の生の声をピックアップしました。

▼就職活動における保護者との関わりでよかったこと

・自分が就活したときと全く違うことを自覚しながら自分の話を聞いてくれた

・批判、否定をせずに応援してくれた。

・特に口を挟んでくる事なく、見守ってくれたことが就活中の精神の安定になった。

▼就職活動における保護者との関わりで嫌だったこと

・就職に関する考えの世代間での違いによる発言が嫌だった。特に転職に関しての意見の違いに納得できなかった。

やはり、一方的に価値観を押しつけることのないよう、気をつけた方がよさそうです。

(栗田さん)

寄り添ってあげながらお子さん自身の考えをより深められるように、ということを心がけていただくことが大切です。

ぜひ、コミュニケーションを密に取りながらサポートしていただきたいと思います。

最近のニュース一覧

New

わが子の就活(2) 子どもの就活が気になります…どう関わっていけばいいですか?

2022年06月24日

New

複数内定の中から就職先をどう選ぶ?最新の内定率は76.5%

2022年06月23日

New

夏のインターンシップ 24卒はどう動く?

2022年06月22日

悩める就活生 内定後のフォローが志望度を左右

2022年06月21日

わが子の就活(1)子どもの選んだ就職先が不安…こんな時どうすれば?

2022年06月17日

心理的安全性の高い会社の選び方ってあるの?

2022年06月17日

就活生が採用面接で感じた好印象と悪印象

2022年06月15日

インターンシップ ルール見直し 学生の評価 採用に活用可能に

2022年06月14日

すでに3割近くが就活終了! 決め手はインターンシップ

2022年06月13日

最近よく聞く「心理的安全性」って何?分かりやすく教えて!

2022年06月10日

「働く姿が想像できない…」 24年卒 就活どう始める? 本音でお悩み相談(3)

2022年06月09日

6月1日時点の内定率は73.1% 過去最高水準に

2022年06月07日

どうなる? 24年卒 企業のインターンシップや採用数

2022年06月03日

大手企業 来年春卒業予定の大学生など対象に採用面接スタート

2022年06月01日

「就職は地元に」増加しているそのワケは?

2022年05月31日

「就活、いつまで続ければいいの?」23年卒 本音でお悩み相談⑵

2022年05月27日

地元で働くって実際どう? 地方の建設会社になぜ若手?【後編】

2022年05月30日

就活川柳 時代で変わる就活生の悩み

2022年05月27日

社員の半分が20代以下 地方の建設会社になぜ若手?【前編】

2022年05月25日

この春卒業の大学生の就職内定率95.8% 去年比0.2ポイント低下

2022年05月25日

5月15日時点の内定率は 65.4% 約6割の学生は就活継続中

2022年05月24日

「就活、もう疲れた・・・」23年卒は今どうすれば? 本音でお悩み相談(1)

2022年05月20日

初の1万円以下に! 3月の就活費用が大幅減

2022年05月20日

インターンシップ“正式に”採用で活用も 何年卒が対象?条件は?

2022年05月18日