就活ニュース

インターンシップ“正式に”採用で活用も 何年卒が対象?条件は?

2022年05月18日

  • お問い合わせ

就活生のインターンシップ。「参加すると選考で優遇があるのでは?」とも言われていますが、今後“正式に”採用活動に使われるかもしれない。そんな動きがあります。

気になるけど、ちょっとわかりづらいこのニュース。詳しく解説します。

経団連と大学が報告書

4月、経団連と大学の関係者でつくる採用の在り方を議論する協議会が開かれました。

そこでまとまった報告書では「インターンシップについて一定期間、学生が実際に職業を体験することなどを条件に、企業の採用活動に活用できるようにすべき」とされています。

4月18日に開かれた協議会

いつ、どんな形で行われるインターンが対象になるのでしょう?報告書の中身を詳しく見てみると・・・

新たな「インターン」を解説

対象となるインターンは最低でも「5日間以上」実施されるものです。

ただ、条件はそれだけではありません。まずはこちらの図をご覧ください。

黄色で示した部分が「インターンシップ」と定義される

1日限定で実施されるものは「オープン・カンパニー」というタイプに分類され「インターンシップには該当しない」と定義されました。あくまで企業や仕事を知る機会だとして、採用活動に使うことは認められていません

次の「キャリア教育」という分類。「オープンカンパニー」より長い期間で実施されるものの、あくまでも参加者の教育が目的で就業体験は「任意」。こちらもインターンとはみなされず、採用には使えません

違いが分かるような分からないような・・・でも、重要なのは次です。

「最低5日以上」かつ「就業体験」が必須

「汎用的能力・専門活用型インターンシップ」。

こちらは、「インターンシップ」と位置づけられ、採用に活用することもできるとしました。

どういうものが対象なのか、見ていきます。

一般的なプログラムなら最低でも5日間以上専門性を重視するなら2週間以上の期間実施されるものが対象です。

そして、こちらでは「就業体験」が必ず行われます。

就業体験は実施期間のうち半分を超える日数、職場で行うとしていて、事務所や工場、研究所などに学生が同行して体験することが必要です。

ただし、テレワークを日常的に使っている企業ならテレワークも可としています。

条件はさらにあります。

就業体験の際は人事担当者ではなく「その職場の社員が学生を指導し、インターンシップ終了後にフィードバック」すること。

そして「学業との両立に配慮する」ことを理由に対象は学部3・4年生か修士1・2年生。期間は夏休みや冬休みなどの長期休暇に行うこととしています。

なんだか、かなり細かい・・・とはいえ大切なので、図でまとめます。

ちなみに、「高度専門型インターンシップ」は大学院生を対象とした、より専門的なインターンシップを想定しているそう。採用に活用するための条件は基本的に上記と同じです。

対象は25年卒から、ただし・・・

そして、気になるのは、いつからこの仕組みが使われるのか、ということ。

想定されているのは来年、2023年4月から。つまり、主に25年卒、今の大学2年生からが対象になりそうです。

ただ、気をつけたいのは、この新たな位置づけが広がると「インターン」が一段と狭き門になる可能性もあること。

採用に使えるインターンが最低でも「5日間以上」かつ「就業体験を伴う」となれば、企業にとっての負担感は決して小さくありません。

実際に多くの回数、大人数を対象に実施できるかというと難しいかもしれません。

しかし、就活生としてはやはり“正式に採用につながる”インターンに参加したいと考えるもの。

現状でも企業や就活生の間では、「人気企業のインターンの選考は、実際の採用選考より倍率が高い」という声もありますが、一段と熱を帯びかねません。

報告書をまとめた協議会もこの点は注意を呼びかけています。

協議会 事務局
「インターンシップを経て採用選考に進む人は、実際はそれほど多くの割合にはならないはずです。そうではない通常の選考プロセスがまず前提になるので、学生には『インターンに参加できないと、採用されない』とは思わないでほしいです」

就活生はどう動けば?

今回の報告書について複数の専門家に取材した結果、以下のようなことが就活生へのアドバイスとしてあがってきました。

・従来多かった1日だけ実施するタイプも決して減らないとみられる。そこで企業を知るのも大切。
・採用に使えるインターンは長期間実施されるため、たくさんの企業で参加するのは難しい。
・限られた機会をいかすためには、事前にある程度の志望度や企業への理解を持っておいたほうがいい。

新たなインターンの対象になるとみられるのは今の大学2年生以降。

まだ早い話とも思えますが、3年生になったらほんの3か月ほどで採用につながるインターンの機会がやってくるので、自分がどんな業界や企業に興味があるのか考え始めてもいいかもしれません。

そもそも、採用に使ってたような・・・

さて、ここまで詳しく解説してきましたが、企業はすでにインターンを採用活動に使ってなかったっけ?という疑問が・・・

もともと、政府は「インターンシップで取得した情報は採用選考活動に使用できない」という見解。

とすると、現在のように3年生の夏休みのころからインターンに参加し、そこからいわゆる「早期選考」に進むということは認められてはいないはず。

ところが、実態としては参加者を限定した説明会に招待されたり、さらに別のインターンに進んだりと、選考で「優遇」されるケースがあるのは事実です。

だからこそ、就活生がインターンを重視する姿勢は年々、強まっています。

インターンを実施している企業のうち、参加者に対して「何らかの優遇策を講じる」と答えた割合が7割に上ったという調査結果もあります。

とすると、今回の報告書のような仕組みが実現しても、実態は大きく変わらないのでは?

結局インターンはどうなるのか?リクナビの吉田編集長に話を聞きました。

リクナビ 吉田純子 編集長
「現状、採用を意識したインターンシップが開かれていることもあります。また、今回の報告書の仕組みは拘束力があるわけではなく、今後全ての企業がそのとおりに動くとは言えません。学生にとってインターンをめぐる環境が大きく変わるかはまだ分かりません。これまでと変わらず、企業や自分の仕事への興味を見極める機会としても大切にしてほしいです」

取材・構成:加藤陽平

最近のニュース一覧

New

インターンシップ“正式に”採用で活用も 何年卒が対象?条件は?

2022年05月18日

面接選考が本格化 23年卒の就活 内定率は58.4%に

2022年05月13日

「内定取得率95.8%」は見せかけ DYMに消費者庁が措置命令

2022年05月12日

志望度は上がった? 開催形式は? インターンシップ最新事情

2022年05月11日

いつ動き出す? 重視するポイントは? インターンシップ最新事情

2022年05月10日

吉野家 採用説明会で外国籍との判断を理由に大学生の参加断る

2022年05月09日

共働きは“当たり前” 大学生が描くライフプラン

2022年05月06日

オファーボックス・中野代表に聞く「将来は今の行動で変わっていく」

2022年05月02日

入社1年目で転職希望が〇割!就活に後悔も

2022年04月28日

オンラインと対面 それぞれ良さはあれど 入社の決め手は…

2022年04月27日

オファーボックス中野代表に聞く「大型連休明け どう動く?」

2022年04月26日

「契約には気をつけて!」18歳 成人年齢引き下げを動画で詳しく解説

2022年04月26日

だるい!きつい!つらい!リモート解除でもう“五月病”!?

2022年04月26日

就職企業人気ランキング コロナ禍で変化は?

2022年04月22日

就活生が感じたジェンダーめぐる“モヤモヤ”は?

2022年04月21日

この春卒業の大学生の就職内定率96.4% 初内定は4月が最多も…

2022年04月19日

実務体験のインターンにかぎり 採用活動に活用も 経団連と大学が報告書

2022年04月18日

本当に知りたいのは…「残業」「休日出勤」の実態

2022年04月15日

社内環境?福利厚生? 企業を選ぶポイントは

2022年04月14日

新入社員と どう向き合えば? 若手を知りたい先輩へ(2)

2022年04月13日

ほぼ半数が「オヤカク」経験! 我が子の就活どう向き合う?

2022年04月08日

23卒の就活 4月1日時点の内定率は38.1% 多くの学生の選考進む

2022年04月07日

若手にとって職場は「ゆるい」!? 若手を知りたい先輩へ(1)

2022年04月05日

不意に出る あのことばづかいに注意!

2022年04月04日