就活ニュース

若手にとって職場は「ゆるい」!? 若手を知りたい先輩へ(1)

2022年04月05日

  • お問い合わせ

不確実な時代にどうキャリアをつくればいいのか?若手社会人や学生は悩んでいますが、若手を迎える上司たちも悩んでいます。このサイトを運営するNHKの管理職自身が専門家にヒントを聞きました。

「Z世代」ではくくれない

NHK
関デスク

さっそくですが、今の新入社員の世代をひと言で言い表せる特性ってありますか。

本当にいろんな人がいて、平均値で語れないんです。

リクルートワークス研究所
古屋さん

どんなメディアを見るかとか、職業生活に対してどういうイメージを持っているかとか多元化しています。

リクルートワークス研究所 古屋星斗さん
新卒で経済産業省に入省し、2017年から現職。労働市場の分析と若手社会人のキャリア形成を主に研究。若い社会人へのインタビューも継続して行う。

どうしてもマスコミは「Z世代」などと言ってしまいがちですが、ひとくくりにはできないということですね。

ざっくり例えると、平均付近に集まっているのではなく山が二つある状態なので、平均値にあたる真ん中って誰もいない状態なんです。

「Z世代」と一口に言っても、みんな全然違う当事者を指している可能性があると思います。

大事なのは「行動」

なるほど、とはいえ若手のキャリア研究の専門家としてどう分析されているんですか。

「行動の量」と「情報の量」で分けて分析していますが、若い人は「行動の量」によってキャリアの状態が大きく変わっていくと感じています。

キャリアを自分で選択できているかっていう指標でみると、圧倒的な差になることが分かっています。

これは性別とか、都会か地方かとか、企業の規模では偏らないんです。

リクルートワークス研究所「若手社会人のキャリア形成に関する実証調査」(2019年9月実施 回答2126人)から

行動と情報の量がいちばん多い方がダントツなんですけど。

ポイントは「行動の量だけが多い」という層が「情報の量だけが多い」層よりもスコアが高いことです。

情報があふれる社会だからこそ行動が価値を持っていると考察しています。

動く人のほうが最終的に強いっていうのはすごくわかるんですけど、どんな行動ですか。

アクションを起こせている若者を分析すると、共通するのが過去の日常にあった活動なんです。

これを「スモールステップ」って呼んでいるんです。

例えばやりたいことをみんなに話してみる「自己開示」とか、初対面の人でも積極的に会うみたいな小さな他流試合とか、友達に誘われてイベントに行くのも有効です。

はい。

古屋さんが考える「スモールステップ」

LINEで目的に合わせてグループを作るのも有効で、親指1本でできる小さな1歩。

背中を押してもらう、パワーをもらうというのも大事で、応援してくれそうな場で相談するとか、よく自分を知る人と話すみたいな行動ですね。

あとは目的を持って探る、口コミサイトをググるだけじゃなくて、やっぱり自分から深掘りするということが大事です。

なるほど。

あとは社会人向けのインターンシップとかボランティアとか、情報を獲得しただけで終える人がすごく多いんですけど、まずトライです。

最後に体験を自分のものにする、スマホにメモを残すのでもいいので、振り返りをすることが大事です。

「行動」へ どう促すか

若手を育てると言う観点では、そういった項目に当てはまるような体験をさせるべきということですか。

ここからがけっこう難しい話だと思っています。

自分で能動的にキャリアを作っていく若い人たちがいる一方で、非常に受動的になっている若手がいる。

その間の層がすごい大事だと思っていて、先ほどの図で言うと、能動的でないといけないと思いながらもそれができていないという層がいちばん多い。

「情報がある」けど「行動できていない」層をどうするか?が課題

はい。

そういう人たちを動かすには「スモールステップ」を起こすためのきっかけづくりをいかに職場ができるか。

そのアプローチは何か若者に教えなきゃならないとか、背中で仕事のしかたを伝えるとか、そういうことじゃないんだろうなって思います。

NHK
中山デスク

具体的に言うとどういう形になるんですか。

ひとつはやっぱり「場づくり」だと思っています。

若手は焦っているんです。

新入社員にインタビューをしていますが、彼らに共通するのは、「この職場にずっといて自分は社会から取り残されないだろうか」という思いです。

そういった気持ちに対して行動を起こせていないとしても、彼らは実は「何か」を持っているんですよね。

なるほど。

だから、そういう何かを解放してあげる場が必要なんです。

「心理的安全性」ということばがありますけども、個人個人が持っているものをきたんなく、ちゅうちょなく解放できるような場が仕事にあればいいんです。

そうですよね。

何か自分がやってみたいと思うことを実際にアクションに移していける場、それを受け止めてあげる、応援してあげるようなコミュニケーションをつくる。

時には動かない人に対して言い訳を提供することだって大切ですよ。

「成長」か「コスパ」か

とはいえ若手がどこか職場に対して距離を置くというか、しらけるところある気がして難しいなと。

職場に対する期待というのが、若い方それぞれでかなり違うと思っています。

成長の場として職場を選択する方もいれば、職場はコスパよく稼げればいいという方もいらっしゃるんですよね。

そうなんですよね、なかなかそこが難しい。

社員がその職場に対して何を期待しているのかをまず把握しないと、手の打ちようがない。

成長の場として職場に期待している人を動かすのは簡単だと思うんですよね。

彼らの活動を会社に還元させるような場を作ってあげれば、すごい喜んで発表してくれるわけですよ。

なるほど。

一方で、同じ給料をもらうのであれば、できるだけトラブルの少ない部署に行きたいという人もいますよね。

しかし、会社としては彼らも生産性高く活躍してほしいと思うわけじゃないですか。

はい。

そういった方々も実は9時5時で帰るんだけど、アフター5に人生かけてるみたいな人がけっこういるんですよね。

彼らのモチベーションの源泉は、そういうライフキャリアで地域をもっと元気にしたいとか、自分の目の前にいる人を明るくしたいとか。

そこに今の会社が結びつくような、ジョブアサインが必要になってくるんだと思います。

そういう意味では若手への仕事の振り方って、難しさが1段階上がっているような気がしますよね。

「ありのまま」と「何者か」

率直に言うと、そこまで丁寧に対応できるだろうかっていう部分もあって・・・

管理職としては、任せられたグループの成果は、トップランナーにやらせておけば見栄えは整うという感じもありますが、人材育成という観点からはそうではないですし。

全くそのとおりですね。

実は若い方が抱えているモヤモヤの源泉というのがあって、「ありのままでありたい」ということと、「何者かになりたい」っていうのが両方あるんですよ。

はい。

何者かになりたい、専門職志向といわれていて、社長になりたいという人は減っていますが、専門職的になりたいという割合がここ数年で非常に伸びているんです。

一方でありのままでいたいっていうのがあって、自分がやりたいようにワークライフバランスをとってしっかり家庭人としても生きていきたい、そういう思考なんですけど。

この2つ、実はすごい矛盾するんですよね。

そうですよね・・・

頑張らないと何も得られないけど、頑張るとありのままであり続けるのが難しいかもしれない。

そういう難しい話ですけど、彼らは就職活動を通じてその2つを同時に語ります

今後の育成には、これを生かせるんじゃないかと私は思っているんです。

というと、どういうことですか。

すごく手間はかかりますが、「ありのままでいたい」という部分をその職場、仕事に生かしてあげるために、その人たちが何をモチベーションとして持っているのかを追求する。

確かに組織の短期的なパフォーマンスを考えると、できる人たちに任せたほうが楽ですよね、圧倒的に。

ですがそれでは、例えば10年後とか20年後に人材がスカスカになっているかもしれません。

組織を継続的に育てるという意味でも、若手をいかに育てるかっていうのは非常に重要なファクターです。

若手は「ゆるい」と感じている

「何者かになりたい」けど「ありのままでいたい」と、思いが交錯しているような若手に対してどう接していくべきかセオリーみたいなものってあるんですか。

厳しくされるとそっぽ向いちゃうから、優しくするべきとか。

今の新入社員の方々にインタビューをしている中ですごくびっくりしたのは、彼らが職場を「ゆるい」と表現することなんですよね。

具体的に言うと、「大学生の時とあまり変わらない」とか、「上司が自分に対して配慮しすぎな気がする」とか、「かなり気を遣ってもらっているのがわかる」とか。

えっ、そうなんですか?

それって、伝達内容自体を変えちゃってるからなんですよ。

パワハラ的な修羅場のような体験を与えて育てるっていうのが過去のやり方でした。

パワハラが許されないのは当たり前ですが、その時に伝わっていたことって大事なこともあったと思うんですよ。

成長のためのコンテンツは変えないんだけど、コミュニケーションのスタイルを完全に変える。

そういう接し方が必要になってくるんじゃないかなと考えています。

われわれがどうアプローチを変えるかということなんですね。

次回はより具体的に上司はどう若手と向き合えばいいか聞きます・・・が、古屋さんの答えは「管理職はもう若手の手本にはならない!」。どういうことでしょう?

取材・編集:加藤陽平

最近のニュース一覧

New

卒業時点の内定率は96.8% 半数以上が“就活前は知らない”企業に就職

2024年03月28日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(3)「人事が面接で採用したい人」に共通点はあるの?

2024年03月21日

企業は“選ぶ”から“選ばれる”側に? 変化する就活面接のイマ

2024年03月18日

就職内定率は4割を超える 焦らずスケジュール把握を

2024年03月15日

企業の採用意欲は引き続き堅調 より積極的な採用方法に

2024年03月14日

自己分析や企業研究はいつまで続ければいい? 3月以降は“ゼロ” を作らないで

2024年03月12日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(2) 「ガクチカ」ってすごくないとダメなの?

2024年03月08日

大学生の就職活動 本格的にスタート “早期化の傾向強まる”

2024年03月01日

社会人になったらどんな服装で働きたい?

2024年03月01日

感情が動いた瞬間に“個性”が表れる 面接官に自分らしさを伝えるには

2024年02月28日

保護者が就活に!? 広がる「オヤカク」

2024年02月27日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(1)インターンシップの選考に落ちたら本選考は諦めるべき?

2024年02月21日

2月の就職内定率は23.9% 就活の早期化さらに進む

2024年02月20日

採用選考は企業に自分を知ってもらう場!自己分析で“広く深く”自分を見つめよう

2024年02月14日

入社から半年の「新社会人生活」 漢字1文字で表すと?

2024年02月06日

ラジオ特番 2月23日(金・祝)午後10時05分~ みなさんの声を募集しています!

2024年02月02日

OB・OG訪問のギモン(2)どういう準備をしておくといい?その後の就活にどういかす?

2024年01月30日

OB・OG訪問のギモン(1)どうしてやるの?どうやって人を探すの?

2024年01月23日

”転職は当たり前の時代”と言われるけれど…新卒で入社した会社、何年働きたい? 

2024年01月17日

石川労働局 地震の影響を受けた学生の支援で特別相談窓口を開設

2024年01月15日

就活のヤマ場「面接対策」を年始におさらい【面接編】

2024年01月04日

インターン、ES、メールの書き方… 年末年始におさらい【準備編】

2023年12月28日

働くってどういうこと? “世界最高齢プログラマー”若宮正子さんに聞く人生100年時代

2023年12月20日

就職内定率は95%に 振り返って就活で苦労したことは…

2023年12月12日