就活ニュース

来春卒は4割超に 入社予定先へのインターンシップ参加

2019年07月19日

  • お問い合わせ

就職活動で重要度を増している「インターンシップ」。来春、2020年卒を対象とした「マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況」では、入社予定先に学生がインターンシップをした割合は、全体で4割を超え、年々増加傾向になっている。

調査では、入社予定先のインターンシップに参加した割合は、18年卒26.5%→19年卒35.3%→20年卒42.9%と年々増加している。

特に理系男子は、3年間で29.8%→39.0%→47.0%と増加、20年卒の半数近くがインターンシップに参加した企業に入社を予定している。

「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況」より

内定を得た時期別にその企業のインターンシップに参加していた割合をみると、特に2月、3月ごろの早期に内定を得ている学生に、内定企業におけるインターン経験者の割合が多い。マイナビは「早くからインターンに応募する学生は志望度が高いとみなされ、企業側もそこで採用予定者数に対しある程度の質と量を確保するのだろう」と分析する。

特に理系では、特定の専門職を採用したい場合が多く、インターンの場で関連の仕事を体験してもらい、参加した学生から順に選考していくパターンがあるという。

ただ、依然として人手不足の売り手市場が続いていることから、マイナビは「超人気企業を除き、インターンに行かずにこれまで通り大学3年生(修士1年)の3月から就職活動を始めた人の席がなくなるという状況ではない」と話している。

調査は、6月25日から30日にかけて、2020年卒業予定の全国の大学4年生及び院2年生にアンケートし、2092人から回答があった。

※内定は基本的に内々定のことを指しています。

最近のニュース一覧

New

人事の目線⑹ インターンシップに落ちたら本選考は諦めた方がいいですか?

2022年01月25日

New

ことしの賃上げどうなる? 100社アンケート 慎重姿勢浮き彫りに

2022年01月25日

New

春闘 事実上スタート 経団連“収益拡大なら積極的に賃上げを”

2022年01月25日

インターンシップ 早く経験すべき? 

2022年01月21日

就活のギモン 人事の目線 (5) 面接で「第1志望です」って言わなくてもいいですか?

2022年01月19日

転職前提?定年まで? 新卒で入社 どのくらい働きたい

2022年01月18日

だからこそ最初の就職が大事 20代の選択(3)

2022年01月14日

『業界地図』編集長に聞いてみた ⑶ レイアウトが読み解くカギってどういうこと?

2022年01月12日

職場のコミュニケーション 変化した?

2022年01月11日

就職先の規模の前に やりたいことを明確に 20代の選択(2)

2022年01月07日

抽象的な夢より、具体的なアクション 20代のキャリア選択(1)

2022年01月05日

1からわかる!注目の時事問題

2021年12月31日

企業の人事・採用担当者に聞く 2021年の注目ニュース

2021年12月28日

ANA 地上勤務総合職の採用 23年卒から再開

2021年12月28日

就活のギモン 人事の目線 ⑷ 面接で印象に残る優秀な学生ってどんな人?

2021年12月24日

2023年卒の採用 「増える」が「減る」を 上回る

2021年12月24日

ヘッドハンターにきいた 22年の中途採用の動向は

2021年12月23日

『業界地図』編集長に聞いてみた⑵実践!地図の読み方 

2021年12月22日

12月の就職内定率 コロナ禍前の水準で推移

2021年12月20日

宇宙にいる前澤友作さんに話を聞いてみた

2021年12月17日

就活のギモン「人事の目線」⑶ 逆質問って何のため?面接の気になるギモン

2021年12月17日

就活生に人気の業界は IT?コンサル? 大手志向に変化は?

2021年12月16日

不満が残る大学生活 でも就職戦線は意外と…

2021年12月13日

『業界地図』編集長に聞いてみた ⑴ そもそも業界研究って何をすればいいの?

2021年12月09日