体験談・情報提供

番組サイト

NHKスペシャル

おはよう日本

ニュースウォッチ9

ニュース7

認知症キャンペーン

特集記事

  • 治療薬による「副作用」も ニュース画像 実際には認知症でないのに認知症と診断されていた人の中には診断の結果、治療薬を飲み続け副作用と見られる症状に悩んだ人もいます。 →続きを読む
  • 必要な「本当に認知症?」の意識 ニュース画像 医療現場への取材で分かったのは、認知症の診断は客観的な検査では難しいこと、専門医とかかりつけ医が連携して患者を診ていく仕組みづくりが求められていることです。 →続きを読む
  • 間違った診断に潜む危険性 8月7日 (金) おはよう日本 ニュース画像 物忘れ、記憶障害、徘徊(はいかい)は、認知症のお年寄りによくみられる症状ですが、こうした症状が出ても認知症ではない可能性があります。間違って診断されると本来の病気の治療に遅れが出かねません。症状が似ているというだけで認知症と思い込んでしまう危険性が見えてきました。 →続きを読む
  • 適切な認知症診断体制をどう作る 8月5日 (水) ニュースウオッチ9 ニュース画像 実際には認知症でないのに認知症と診断されてしまう問題。NHKが行った調査で、去年1年間だけで全国で少なくとも3500人余りいることが分かりました。各地で、適切な診断をするための対策も始まっています。 →続きを読む
  • 認知症でないのに認知症と診断 3500人余 8月5日 (水) ニュース7 ニュース画像 急速に進む高齢化のなか、認知症の診断をめぐり深刻な実態が明らかになりました。いったんは、医師に「認知症」と診断された高齢者が改めて、認知症の専門医に診察してもらった結果、「認知症ではない」と診断される。こうした人たちが、NHKが専門医を対象に行ったアンケート調査で去年1年間に少なくとも3500人余りにのぼることが初めて分かりました。なぜこのようなことが起きているのでしょうか。 →続きを読む