三重 国立病院機構鈴鹿病院で入院患者に虐待疑い 36件確認

三重県鈴鹿市にある国立病院機構鈴鹿病院で、医師や看護師らが入院患者に暴言を吐くなどの虐待が疑われる行為が去年、合わせて36件確認されていたことが病院や県への取材でわかりました。

虐待の疑いがある行為が確認されたのは、鈴鹿市にある国立病院機構鈴鹿病院です。

病院や三重県によりますと、去年1年の間、医師や看護師ら8人が障害のある患者に対し「ごみ」「ダンゴムシみたい」などと暴言を吐いたり、入浴したあとの患者の体に服を着せずバスタオルだけをかけたままおよそ15分間放置したりするなど、25人の患者に対する虐待の疑いがある行為が合わせて36件確認されたということです。

ことし5月、国立病院機構に匿名で通報があり、その後、県が病院に聞き取り調査を行って今回の行為を確認したということです。

病院では通報の前に事案を把握していましたが、該当の医師らに対する注意や指導にとどまっていて、障害者虐待防止法で義務づけられている自治体への通報をしていなかったということです。

鈴鹿病院の棚田良之事務部長は「患者や家族に申し訳なく思っています。今後、自治体の調査結果を踏まえて医師や看護師などの処遇を検討するとともに再発防止に努めます」と話しています。