都知事選 蓮舫氏3位で敗因分析へ 立民と連合幹部が会談

立憲民主党と連合の幹部が会談し、東京都知事選挙で蓮舫氏が3位に終わったことについて、連合側が選挙戦で共産党が前面に出すぎたと苦言を呈したのに対し、立憲民主党は今後、敗因を分析する考えを伝えました。

立憲民主党の本部で11日行われた会談には、立憲民主党の泉代表や岡田幹事長、連合の芳野会長ら双方の幹部が出席しました。

この中では、東京都知事選挙で立憲民主党が共産党とともに支援した蓮舫氏が3位に終わったことをめぐり、芳野氏が「4月の衆議院東京15区の補欠選挙で共産党と並んで活動したことに、連合として看過できないという見解をまとめたが、今回の都知事選挙ではさらに共産党が前面に出すぎて、蓮舫氏が共産党の候補者のように見えてしまった」と苦言を呈しました。

これに対し、泉氏は「蓮舫氏は堂々たる戦いをしたが、教訓をどう生かしていくか党内で話し合いをする」と述べ、今後敗因を分析する考えを伝えました。

会談のあと芳野氏は記者団に対し、「東京の取り組みは全国に与える影響が非常に大きく、共産党が前面に出すぎて逃げた票があったのではと申し上げた。衆議院選挙に向けて戦いやすい形は立憲民主党と国民民主党、それに連合が1つのかたまりになることで、選挙区調整は両党の間で行ってほしい」と指摘しました。

共産 小池書記局長「芳野会長の発言 看過しがたい」

共産党の小池書記局長は記者会見で「連合の芳野会長は『共産党が前面に出すぎて逃げた票があった』と発言したが、根拠を示してほしい。何の根拠もなく、共産党のせいにさえすれば何でも通用するというような、非常にレベルの低い発言だと言わざるをえない。看過しがたい」と述べました。

そのうえで「都知事選挙や都議会議員の補欠選挙でも、野党共闘の力が発揮されたことは間違いない。国政選挙では政策的な一致や、対等・平等・相互尊重という原則が必要になってくるが、今回の経験や教訓も踏まえて、共闘の再構築のために力を尽くしていきたい」と述べました。

立民 長妻政調会長 都連役員全員 続投の考え

立憲民主党東京都連の会長を務める、長妻政務調査会長は記者会見で「次の衆議院選挙で都連所属の候補者を全員当選させる使命があり、引き続き努力していくことに尽きる。都連にも幹事長や選挙対策委員長がいるが、きちんと結果を分析し腹に落とし込んで次に備えてほしい」と述べ、都連の役員を全員続投させる考えを示しました。

一方、連合の芳野会長が、今回の都知事選挙で共産党とともに蓮舫氏を支援したことに苦言を呈したのをめぐり「いろんな見方があっていいが、私自身はそういう考えではない。候補者や陣営が論点を作り上げて都民に問うのが重要で、応援していただける方はみんなありがたい」と反論しました。