松山 道後温泉本館 5年半ぶりに全館で営業を再開

大規模な保存修理工事が行われていた松山市の「道後温泉本館」が5年半ぶりに全館で営業を再開し、朝から大勢の観光客などでにぎわっています。

松山市の観光名所で国の重要文化財に指定されている「道後温泉本館」は、耐震化などのため2019年から一部で営業を続けながら大規模な保存修理工事が進められてきました。

11日は5年半ぶりに全館で営業が再開され、あいにくの雨にもかかわらず午前6時の開館前から観光客や地元の人などおよそ50人が列を作りました。

そして本館屋上の「振鷺閣」に設置された「刻太鼓」が打ち鳴らされ開館時間になったことを知らせると、待ちわびた人たちが次々と入っていきました。

全館での営業再開にあたっては、本館3階にあった従業員用の部屋を新たに貸し切りの休憩所として利用できるようにしたほか、入浴券のデザインなども一新されました。

10日午後10時ごろから並んだという20代の女子大学生は「お湯につかってすがすがしい気持ちになり、並んだかいがありました。また来たいと思います」と話していました。

新設された貸し切りの休憩所を家族で利用した松山市の男性は「再開の初日は特別感があってよかったです。道後温泉本館は湯上がりに休憩できる点も好きで、家族でゆっくりできる休憩室はありがたいです」と話していました。

松山市道後温泉事務所の杉村幸紀所長は「新型コロナなどを乗り越えて再開の日を迎えられ、多くの人に来ていただけたことは本当にありがたいです。道後の新しい歴史を築いていきたいです」と話していました。

地元の商店街も にぎわいを期待

道後温泉本館が全館で営業再開したことを受け、地元の商店街もさらににぎわうことを期待しています。

道後温泉本館前にある道後商店街では、11日も午前中から観光客などが訪れ、名物のだんごを食べたり土産を購入したりしていました。

福井県から訪れていた30代の男性は「家族や職場へのお土産をついついたくさん買ってしまいました。今回は1人で来ましたがまた誰かと一緒に道後を訪れたいです」と話していました。

商店街の老舗菓子店の70代の女性は「早く再開してほしいとこの日を待ちわびていました。温泉に入って道後商店街で買い物をすることで、リピーターになってもらえるような商品を提供していきたい」と話していました。

道後商店街振興組合の石田匡暁理事長は「本館の工事前には観光客が減って大きな損害が出るという懸念もありましたが、いまは海外からの観光客も増えているのでここからがスタートだと思って頑張っていきたい」と話していました。

入浴料金値上げ 理解得られるか

松山市は物価高騰や人件費の上昇などで、収支の赤字が続く見込みだとして、営業再開にあわせ道後温泉の入浴料金をおよそ1.5倍に値上げしました。

脱衣所に冷暖房機器を設置したり、シャンプーやボディーソープを備え付けたりして、入浴客へのサービス向上も図っていますが、今回の値上げに理解が得られるかという点があります。

東京から来た入浴客 40代女性
「あまり料金を気にせずに来ましたが、ボディーソープとかそろっていて手ぶらで来られるのですごくいいなと思います」

東京から来た入浴客 40代女性
「きれいになったので、利用者側が支払うのは当然のことなのかなと思う。建物を維持するのも大変だと思うので、そこはあまり感じなかったです」

道後温泉本館の運営は、主に利用者が支払う入浴料金によってまかなわれているため、入浴客数の増減は収支に大きな影響を与えます。

松山市は入浴客数の推移や新たに設けた貸切室の稼働状況もみながら、5年以内をめどに今回の料金が適正かどうか再検討したいとしています。

外国人観光客を増やす具体策は

もう1つの大きな課題は外国人観光客をいかに増やすかです。

新型コロナの感染拡大前の2019年度には全体の宿泊者数は73万1258人でした。このうち外国人は3万9130人と全体の5%ほどでした。
コロナ禍は、外国人はほとんどいませんでしたが、昨年度は5万5007人と全体の約7%と、少しずつですが増えています。

道後温泉周辺の旅館や商店街などでつくる協議会は、国内での人口減少が進むなか、道後温泉を持続的に発展させるためには、2050年までに、外国人観光客の割合を、50%に引き上げる必要があるとしています。

その目標を達成するにあたって、協議会は、
(1)道後温泉までの交通手段を含め、さまざまなキャッシュレス決済に対応できるようにする必要があるとしています。
その上で、将来的には、
(2)共同風呂の入浴に抵抗のある欧米やイスラム圏域の人にも温泉を楽しんでもらうため、仕切られた空間で衣服を着てシャワーのようにもく浴をする外湯を設置、
(3)道後温泉の駅前にある観光会館を建て替えて、文献や資料を展示する「歴史ミュージアム」を整備することなどを掲げています。

「道後温泉誇れるまちづくり推進協議会」宮崎光彦会長
「私どもは、道後温泉という自然の恵み、そして道後温泉本館という素晴らしい歴史文化資源の恩恵を受けているんです。もっともっと磨いてですね、日本国内あるいは世界の方にも発信していきたい」

コロナ禍から観光需要が回復する中、観光地間の競争は激しさを増しています。

5年半ぶりとなった全館での営業再開の盛り上がりを継続させ、国内外からいかに多くの観光客を呼び込めるのか。生き残りをかけ、道後温泉の魅力を磨き続けていく必要があります。